ホーム > アルバム > 6.220595 コッペル:マリンバ協奏曲集(ベドナルスカ/オルボア響/クリステンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
6.220595
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
アナス・コッペル Anders Koppel
アーティスト
オルボア交響楽団 Aalborg Symphony Orchestra , ヘンリク・ヴァウン・クリステンセン Henrik Vagn Christensen , マリアンナ・ベドナルスカ Marianna Bednarska

コッペル:マリンバ協奏曲集(ベドナルスカ/オルボア響/クリステンセン)

KOPPEL, A.: Marimba Concertos Nos. 1-4 (Bednarska, Aalborg Symphony, Christensen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/6.220595

全トラック選択/解除

アナス・コッペル - Anders Koppel (1947-)

**:**
マリンバ 協奏曲第1番

Marimba Concerto No. 1

録音: 26-29 June 2012, 24-28 June 2013, Symfonien, Aalborg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3845760
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Andante
3.

-

 
**:**
マリンバ 協奏曲第2番

Marimba Concerto No. 2

録音: 26-29 June 2012, 24-28 June 2013, Symfonien, Aalborg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3845761
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. L'istesso tempo
5.

-

**:**
»  III. A tempo
6.

-

 
**:**
マリンバ 協奏曲第3番 「リンツ」

Marimba Concerto No. 3, "Linzer"

録音: 26-29 June 2012, 24-28 June 2013, Symfonien, Aalborg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3845762
**:**
»  I. Andante
7.

-

**:**
»  II. Meno mosso
8.

-

**:**
»  III. A tempo
9.

-

 
**:**
マリンバ 協奏曲第4番 「移ろいゆくものへの追悼」

Marimba Concerto No. 4, "In Memory of Things Transient"

録音: 26-29 June 2012, 24-28 June 2013, Symfonien, Aalborg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3845763
**:**
»  I. Moderato
10.

-

**:**
»  II. Adagio
11.

-

**:**
»  III. Adagio
12.

-

**:**
»  IV. A tempo (l'istesso tempo)
13.

-

**:**
»  V. Allegro
14.

-

**:**
»  VI. Meno mosso, pesante - Allegro appassionato
15.

-

**:**
»  VII. Adagio
16.

-

**:**
»  VIII. Allegro - meno mosso, pesante
17.

-

 
**:**
マリンバ・ソロのための P.S.
18.

P.S. to a Concerto

録音: 26-29 June 2012, 24-28 June 2013, Symfonien, Aalborg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3845764
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/08/01
作曲家アナス・コッペル(1947-)は現代デンマークの作曲家の中でも特異な位置にいる人です。彼はその作品にロックやジャズのテイストを取り入れつつも、実はその足は、しっかりと古典的なヨーロッパ音楽の伝統に根差しており、これらを統合するために作品を描き続けていると言っても過言ではありません。彼はピアニストの父を持つ、極めて音楽的な家庭に育ちました。幼い頃からピアノとクラリネットを演奏し、自然に音楽家への道を歩みました。1960年代から70年代は実験音楽の世界で活躍しつつも、デンマークの著名なロックグループ「Savage Rose」のメンバーとしても注目を浴びていたのです。この4つの作品はシンフォニックであり、奔放なもの。複雑な音を処理しながら、目の前を駆け抜けていくマリンバの音は快感をもたらします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。