ホーム > アルバム > 6.220609 コッペル/グズモンセン=ホルムグレーン/ラスムッセン:デンマークとファロー島のリコーダー協奏曲集(ペトリ/クリステンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
6.220609
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ペレ・グズモンセン=ホルムグレーン Pelle Gudmundsen-Holmgreen , トマス・コッペル Thomas Koppel , スンレイフ・ラスムッセン Sunleif Rasmussen
アーティスト
オルボア交響楽団 Aalborg Symphony Orchestra , ヘンリク・ヴァウン・クリステンセン Henrik Vagn Christensen , ミカラ・ペトリ Michala Petri

コッペル/グズモンセン=ホルムグレーン/ラスムッセン:デンマークとファロー島のリコーダー協奏曲集(ペトリ/クリステンセン)

Recorder Concertos - KOPPEL, T. / GUDMUNDSEN-HOLMGREEN, P. / RASMUSSEN, S. (Danish and Faroese Recorder Concertos) (Petri, Christensen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/6.220609

全トラック選択/解除

トマス・コッペル - Thomas Koppel (1944-2006)

**:**
リコーダー協奏曲 「ムーンチャイルドの夢」

Recorder Concerto, "Moonchild's Dream"

録音: 10-15 June 2015, Musikkens Hus, Aalborg Concert Hall, Aalborg, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4232519
**:**
»  I. Largo, fluente - A tempo, fluente -
1.

-

**:**
»  II. L'istesso tempo ma non pesante - Con moto - Largo -
2.

-

**:**
»  III. Prestissimo - Liberamente - Prestissimo -
3.

-

**:**
»  IV. Largo - Più lento
4.

-

ペレ・グズモンセン=ホルムグレーン - Pelle Gudmundsen-Holmgreen (1932-2016)

**:**
リコーダー協奏曲 「Chacun Son Son」
5.

Recorder Concerto, "Chacun Son Son"

録音: 10-15 June 2015, Musikkens Hus, Aalborg Concert Hall, Aalborg, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4232546

スンレイフ・ラスムッセン - Sunleif Rasmussen (1961-)

**:**
リコーダー協奏曲 「テリトリカル・ソングズ」

Recorder Concerto, "Territorial Songs"

録音: 10-15 June 2015, Musikkens Hus, Aalborg Concert Hall, Aalborg, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4232547
**:**
»  I. Leggiero
6.

-

**:**
»  II. Misterioso
7.

-

**:**
»  III. Espressivo
8.

-

**:**
»  IV. Tranquillo
9.

-

**:**
»  V. Leggiero
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/08/01
ミカラ・ペトリのリコーダーを探求する旅のアルバムは、今回デンマークとフェロー諸島の音楽の紹介です。フェロー諸島とは、スコットランド諸島、ノルウェー西海岸とアイスランドの間にある北大西洋の諸島のことで、デンマークの自治領でありながらも、独立を主張している地域であり、また古くから音楽や伝承の宝庫として知られている場所です。デンマーク音楽の伝統は、古くはブクステフーデやシャイベを輩出し、ニルス・ゲーゼやアウゴスト・エナ、そしてカール・ニルセンを経て、最近ではこのアルバムに収録されているコッペルやホルムグレーン、ラスムセンなどが活躍しています。コッペルは、父親もニルセンに師事した作曲家で、多彩な曲を書いていますが、この「月の子どもの夢」はコペンハーゲンに住む極貧の少女の希望と不安に焦点を当てて書かれた憂愁溢れる美しいものです。ホルムグレーンの曲は、もっと抽象的で前衛的な作品。音響の楽しさを味わうための曲です。フェロー諸島生まれのラスムセンの作品は独自の地域に根ざしたもので、鳥の声を模するリコーダーの響きで始まる印象的な曲です。ペトリの冴え渡るテクニックには、いつものように驚くばかりです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。