ホーム > アルバム > 6.220612 メシアン:合唱作品集(デンマーク国立声楽アンサンブル/デンマーク国立コンサート合唱団&室内管弦楽団/クリード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
6.220612
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
オリヴィエ・メシアン Olivier Messiaen
作詞家
トマス・アクィナス Thomas Aquinas , オリヴィエ・メシアン Olivier Messiaen
アーティスト
マーカス・クリード Marcus Creed , マリアナ・シリニアン Marianna Shirinyan , デンマーク国立コンサート合唱団のメンバー Danish National Concert Choir, members , デンマーク国立室内管弦楽団 Danish National Chamber Orchestra , デンマーク国立声楽アンサンブル Danish National Vocal Ensemble , トマ・ブロシュ Thomas Bloch

メシアン:合唱作品集(デンマーク国立声楽アンサンブル/デンマーク国立コンサート合唱団&室内管弦楽団/クリード)

MESSIAEN, O.: Choral Music (L'amour et la foi) (Danish National Vocal Ensemble, Concert Choir and Chamber Orchestra, Creed)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/6.220612

全トラック選択/解除

オリヴィエ・メシアン - Olivier Messiaen (1908-1992)

**:**
神の降臨のための3つの小典礼

3 Petites liturgies de la Presence Divine

録音: 24-26 September 2014, Studio 2, Danish Radio, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4141524
**:**
»  No. 1. Antienne de la conversation interieure
1.

-

**:**
»  No. 2. Sequence du Verbe, cantique divin
2.

-

**:**
»  No. 3. Psalmodie de l'ubiquite par Amour
3.

-

 
**:**
おお、聖なる饗宴
4.

O sacrum convivium!

録音: 27-29 October 2014, Garnisonskirken, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4141525
 
**:**
5つのルシャン

5 Rechants

録音: 27-29 October 2014, Garnisonskirken, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4141526
**:**
»  No. 1. Hayo kapri tama
5.

-

**:**
»  No. 2. Ma premiere fois terre
6.

-

**:**
»  No. 3. Ma robe d'amour
7.

-

**:**
»  No. 4. Niokhama palalan(e) souki
8.

-

**:**
»  No. 5. Mayoma kalimolimo
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/03/01
メシアン(1908-1992)の音楽には、多くの暗示と啓示があります。彼が作り出した非凡な情景を味わった後に、人々はいろいろなことを考えることでしょう。このアルバムにはメシアンの3つの代表的な合唱作品が収録されています。オンド・マルトノやピアノ、弦楽、そして多くの色彩的な打楽器と18人のソプラノが織り成すきらびやかな「3つの小典礼」、ルネサンス時代のシャンソンの様式とインドのリズムの融合、そして言葉を巧みに使った「5つのルシャン=繰り返し」、荘厳で神々しい「おお、聖なる饗宴」と、様式は違いながらも、どれも陶酔的で、人知を超越した美しさを持つ作品と言えるでしょう。もちろん演奏はとても困難ですが、名手マルクス・クリードは絶対的なアンサンブルと響きを大切にした上で、声を自由に飛翔させているところがさすがです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。