ホーム > アルバム > 6.220624 ニールセン:交響曲第1番、第4番「不滅」(ニューヨーク・フィル/ギルバート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
6.220624
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
カール・ニールセン Carl Nielsen
アーティスト
アラン・ギルバート Alan Gilbert , ニューヨーク・フィルハーモニック New York Philharmonic Orchestra

ニールセン:交響曲第1番、第4番「不滅」(ニューヨーク・フィル/ギルバート)

NIELSEN, C.: Symphonies Nos. 1 and 4, "Inextinguishable" (New York Philharmonic, Gilbert)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/6.220624

全トラック選択/解除

カール・ニールセン - Carl Nielsen (1865-1931)

**:**
交響曲第4番 「滅ぼし得ざるもの(不滅)」 Op. 29, FS 76

Symphony No. 4, Op. 29, FS 76, "The Inextinguishable"

録音: 12-15 March 2014, Avery Fisher Hall, Lincoln Center, New York City, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3744423
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Poco allegretto
2.

-

**:**
»  III. Poco adagio quasi andante
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
交響曲第1番 ト短調 Op. 7, FS 16

Symphony No. 1 in G Minor, Op. 7, FS 16

録音: 12-15 March 2014, Avery Fisher Hall, Lincoln Center, New York City, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3744424
**:**
»  I. Allegro orgoglioso
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Allegro comodo
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con fuoco
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/08/01
1894年3月に初演されたニルセン(1865-1931)の交響曲第1番は、若さのパワーと情熱に満ち溢れた輝かしい作品です。当時師と仰いだヨハン・スヴェンセンの影響も感じられ、荒削りながらも先進的な雰囲気を宿したこの曲は、当時の新聞でも高く評価されました。交響曲第4番はニルセンの代表作の一つで、4つの部分に分かれてはいるものの、実は1つの楽章で書かれています。第一次世界大戦の真っただ中に書かれたこの音楽は、シリアスとロマンティックの間を揺れ動きながら、最後は輝かしく終わるというものです。アラン・ギルバートの演奏は、ニルセンの音楽からもやもや感を丁寧に取り除き、スマートな響きとダイレクトな感情を伝えるという極めてスマートなもの。もちろん素晴らしい音質も曲の理解を深めてくれること間違いありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。