ホーム > アルバム > 6.220683 ボスマンス/ペヤチェヴィチ/リリ&ナディア・ブーランジェ:チェロとピアノのための作品集(フレデンス/ラストギ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
6.220683
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ナディア・ブーランジェ Nadia Boulanger , リリ・ブーランジェ Lili Boulanger , ドーラ・ペヤチェヴィチ Dora Pejačević , ヘンリエッテ・ボスマンス Henriëtte Bosmans
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ヤンネ・フレデンス Janne Fredens , セーアン・ラストギ Soren Rastogi

ボスマンス/ペヤチェヴィチ/リリ&ナディア・ブーランジェ:チェロとピアノのための作品集(フレデンス/ラストギ)

Cello and Piano Recital: Fredens, Janne / Rastogi, Soren - BOSMANS, H. / PEJAČEVIĆ, D. / BOULANGER, L. / BOULANGER, N. (Upheaval)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/6.220683

全トラック選択/解除

ヘンリエッテ・ボスマンス - Henriëtte Bosmans (1895-1952)

**:**
チェロ・ソナタ

Cello Sonata

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10373509
**:**
»  I. Allegro maestoso
1.

-

**:**
»  II. Un poco Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Allegro molto e con fuoco
4.

-

ドーラ・ペヤチェヴィチ - Dora Pejačević (1885-1923)

**:**
チェロ・ソナタ ホ短調 Op. 35

Cello Sonata in E Minor, Op. 35

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10373510
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro
6.

-

**:**
»  III. Adagio sostenuto
7.

-

**:**
»  IV. Allegro comodo
8.

-

リリ・ブーランジェ - Lili Boulanger (1893-1918)

**:**
夜想曲(チェロとピアノ編)
9.

Nocturne (arr. for cello and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10373511

ナディア・ブーランジェ - Nadia Boulanger (1887-1979)

**:**
チェロとピアノのための3つの小品

3 Pièces (version for cello and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10373512
**:**
»  No. 1. Modéré
10.

-

**:**
»  No. 2. Sans vitesse et à l'aise
11.

-

**:**
»  No. 3. Vite et nerveusement rythmé
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/09/01
第1次世界大戦前後の激動の時代に活躍した4人の女性作曲家たちのチェロ作品を集めた1枚。冒頭ではピアニストとして名高く、ピエール・モントゥー、ウィレム・メンゲルベルク、エルネスト・アンセルメらとも共演したオランダ出身のボスマンスの初期のソナタを紹介、そしてクロアチア出身のペヤチェヴィチのブラームスを思わせる後期ロマン派風の香りを湛えたソナタが続き、最後に置かれたのはフランスの2人の姉妹ナディアとリリの作品。女性として初のローマ賞受賞者であり将来を嘱望されながらも24歳で夭折したリリ、戦後に偉大な教師として名を馳せたナディア。それぞれ作風は違うものの、どちらも個性的、かつひっそりとした美しさを備えています。各々がソリストとしても活躍するヤンネ・フレデンスとセーアン・ラストギの夫妻の息のあったデュオが聴きどころ。ベヒシュタインのピアノが当時の響きを再現しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。