ホーム > アルバム > 7132 スカンジナヴィアの弦楽(グリーグ:ホルベアの時代/ニールセン:弦楽のための組曲/ゲーゼ:クリスマス・イヴ組曲)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
7132
CD発売時期
1994年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドヴァルド・グリーグ Edvard Grieg , ニルス・ウィルヘルム・ゲーゼ Niels Wilhelm Gade , ヨハン・スヴェンセン Johan Svendsen , カール・ニールセン Carl Nielsen , オーレ・ブル Ole Bornemann Bull
編曲者
ヨハン・スヴェンセン Johan Svendsen
アーティスト
オーケストラ・オブ・ザ・ミル Orchestra of the Mill , アンドルー・ペニー Andrew Penny

スカンジナヴィアの弦楽(グリーグ:ホルベアの時代/ニールセン:弦楽のための組曲/ゲーゼ:クリスマス・イヴ組曲)

SCANDINAVIAN STRING MUSIC

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/7132

全トラック選択/解除

エドヴァルド・グリーグ - Edvard Grieg (1843-1907)

**:**
組曲「ホルベアの時代より」 Op. 40

Fra Holbergs tid From Holberg's Time: Suite in the Olden Style), Op. 40, "Holberg Suite"

録音: 2-3 November 1992, Albert Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25135
**:**
»  I. Prelude: Allegro vivace
1.

-

**:**
»  II. Sarabande: Andante
2.

-

**:**
»  III. Gavotte: Allegretto - Musette: Poco più mosso
3.

-

**:**
»  IV. Air: Andante religioso
4.

-

**:**
»  V. Rigaudon: Allegro con brio
5.

-

カール・ニールセン - Carl Nielsen (1865-1931)

**:**
弦楽のための小組曲 イ短調 Op. 1, FS 6

Suite for strings in A Minor, Op. 1

録音: 2-3 November 1992, Albert Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25136
**:**
»  I. Praludium: Andante con moto
6.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Allegro moderato
7.

-

**:**
»  III. Finale: Andante con moto
8.

-

オーレ・ブル - Ole Bornemann Bull (1810-1880)

**:**
Solitude on the Mountain (arr. J. Svendsen)
9.
録音: 2-3 November 1992, Albert Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25137

カール・ニールセン - Carl Nielsen (1865-1931)

**:**
若き芸術家の棺の傍らで FS 58
10.

Ved en ung kunstners baare (At the Bier of a Young Artist), Op. 58

録音: 2-3 November 1992, Albert Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25138

ヨハン・スヴェンセン - Johan Svendsen (1840-1911)

**:**
2つのスウェーデン民謡 Op. 27

2 Swedish Folk-Melodies, Op. 27

録音: 2-3 November 1992, Albert Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25139
**:**
»  No. 1
11.

-

**:**
»  No. 2
12.

-

ニルス・ウィルヘルム・ゲーゼ - Niels Wilhelm Gade (1817-1890)

**:**
Christmas Eve Suite

録音: 2-3 November 1992, Albert Hall, Bolton
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/25140
**:**
»  I. Die Weihnachts-Glocken (Christmas Bells)
13.

-

**:**
»  II. Kind Jesus ward zur Welt (Child Jesus Came to the World)
14.

-

**:**
»  III. Der Weihnachtsbaum (The Christmas-Tree)
15.

-

**:**
»  IV. Tanz der kleinen Madchen (Dance of the Little Girls)
16.

-

**:**
»  V. Gut' Nacht (Goodnight)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Primo 投稿日:2009/11/19
北欧のロマン派の弦楽合奏曲を集めたアルバムです。 グリーグのホルベルク組曲は今さら説明の不要なほど有名すぎる曲ですが、今回注目すべきなのはニールセンの小組曲とスヴェンゼンの「2つのスウェーデン民謡」でしょう。 ニールセンの小組曲は音楽院を卒業した直後に書かれた曲ですが、グリーグ等の影響も感じる聴きやすくて叙情的な曲で、ニールセン=とっつきにくいというイメージを持っている方には意外だと思います。 小組曲という題名の割には循環主題も使われていて、全体にある程度一貫性が見られます。 特に2楽章のワルツや3楽章の中盤のあたりが好きですね。 最近では日本でもプロ・アマ問わず、たまに演奏されているようですが、もっと演奏されてもいい曲だと思います。 ノルウェーの作曲家、スヴェンゼンは名前すら聴いたことのない方も多いと思いますが、特に一曲目はそのまま映画音楽にも使えそうな切ないメロディーが印象的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。