ホーム > アルバム > 777121-2 レスピーギ:歌劇「マリー・ヴィクトワール」(キザール/ブリュック/ビラール/ポーリー/ブロンク/シューマン/ベルリン・ドイツ・オペラ/ユロフスキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777121-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
オットリーノ・レスピーギ Ottorino Respighi
作詞家
Edmond Guiraud
アーティスト
アンドリュー・アシュウィン Andrew Ashwin , マルティーナ・ヴェルシェンバッハ Martina Welschenbach , カン・ヨセフ Yosep Kang , タケシャ・メシェ・キザール Takesha Meshe Kizart , イェルン・シューマン Jorn Schumann , クシシュトフ・スマンスキ Krzysztof Szumanski , ニコレ・ピッコロミーニ Nicole Piccolomini , ゲルマン・ビラール German Villar , マルクス・ブリュック Markus Brück , スティーヴン・ブロンク Stephen Bronk , トーマス・ブロンデル Thomas Blondelle , ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団 Berlin Deutsche Opera Chorus , ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団 Berlin Deutsche Opera Orchestra , サイモン・ポーリー Simon Pauly , ネイサン・デション・マイヤーズ Nathan De'Shon Myers , ミハイル・ユロフスキ Michail Jurowski , Christophe Fel , Hyung-Wook Lee , Tomislav Lucic , Anna Schoeck , Gregory Warren

レスピーギ:歌劇「マリー・ヴィクトワール」(キザール/ブリュック/ビラール/ポーリー/ブロンク/シューマン/ベルリン・ドイツ・オペラ/ユロフスキ)

RESPIGHI, O.: Marie Victoire [Opera] (Kizart, Bruck, Villar, Pauly, Bronk, Schumann, Deutsche Oper Berlin, Michail Jurowski)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777121-2

全トラック選択/解除

Disc 1

オットリーノ・レスピーギ - Ottorino Respighi (1879-1936)

**:**
歌劇「マリー・ヴィクトワール」 P. 100

Marie Victoire, P. 100

録音: 6, 7, 9 April 2009, Deutsche Oper Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2546826
**:**
»  Act I: Introduction
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Manque! (Kermarec, Cloteau, Lison, Maurice)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Il pleut (Marie, Cloteau, Kermarec, Simon, Maurice, Chorus, Lison)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Vive les Girondins! (Chorus, Kermarec, Maurice, Caracalla, Simon, Cloteau, Marie, Lison)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Pauvre Simon (Marie, Maurice)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Oui monsieur, c'est bien moi (Kermarec, Marie, Maurice, Cloriviere)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Eh bien, voila ce grand courage? (Cloriviere, Marie, Chorus, Caracalla, Lison)
7.

-

Disc 2

オットリーノ・レスピーギ - Ottorino Respighi (1879-1936)

**:**
歌劇「マリー・ヴィクトワール」 P. 100

Marie Victoire, P. 100

録音: 6, 7, 9 April 2009, Deutsche Oper Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2546826
**:**
»  Act II Tableau I: Introduction
1.

-

**:**
»  Act II Tableau I: Scene 1: Trala, la (Langlade, Le Chevalier, La Marquise, L'Abbe, Simon, La Novice, Cloriviere, Marie, Le Mouton)
2.

-

**:**
»  Act II Tableau I: Scene 2: Des disputes dans ma prison! (Cloteau, Langlade, Le Chevalier, La Marquise, La Novice, Du Folgoet, Chorus, Marie, Cloriviere, Simon, Le Commissaire, Le Mouton)
3.

-

**:**
»  Act II Tableau I: Scene 3: J'ai perdu mon serviteur (La Marquise, Langlade, Cloriviere, Marie)
4.

-

**:**
»  Act II Tableau I: Scene 4: Eh bien, monsieur Simon? (Cloriviere, Simon, Chorus, La Novice, Langlade)
5.

-

**:**
»  Act II Tableau I: Scene 5: C'est le journal du soir (Cloteau, Le Commissaire, L'Abbe, La Novice, Cloriviere, Marie, Le Vicomte, Langlade, Le Chevalier, Grandchamp, Le Mouton, Chorus, Du Folgoet)
6.

-

**:**
»  Act II Tableau I: Scene 6: Ah! Madame! chere maitresse (Cloteau, Marie)
7.

-

**:**
»  Act II Tableau I: Scene 7: Ouais! Voici bien un beau geolier (Le Mouton, Cloteau, Simon)
8.

-

**:**
»  Act II Tableau I: Scene 8: Je suis lasse! (Marie, Cloriviere, Langlade, La Novice, Du Folgoet, La Marquise, Simon, Chorus)
9.

-

**:**
»  Act II Tableau II: Entr'acte
10.

-

**:**
»  Act II Tableau II: Robespierre est mort! (Cloteau, Chorus, Marie, Cloriviere, Simon, Du Folgoet, La Novice)
11.

-

Disc 3

オットリーノ・レスピーギ - Ottorino Respighi (1879-1936)

**:**
歌劇「マリー・ヴィクトワール」 P. 100

Marie Victoire, P. 100

録音: 6, 7, 9 April 2009, Deutsche Oper Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2546826
**:**
»  Act III Scene 1: Eh! l'apprenti! (Chorus, Cloteau, Emerantine, Marie)
1.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Cloteau, je t'en supplie (Marie)
2.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Eh quoi? toujours des larmes? (Simon, Marie, Cloteau)
3.

-

**:**
»  Act III Scene 4: Bon Dieu! Monsieur de Cloriviere (Cloteau, Simon, Cloriviere, Marie)
4.

-

**:**
»  Act III Scene 5: Rien d'heureux desormais ne pourra m'advenir (Cloriviere, Cloteau)
5.

-

**:**
»  Act III Scene 6: Il est parti? (Marie, Cloteau, Simon)
6.

-

**:**
»  Act III Scene 7: Kermarec, Kermarec (Cloteau, Kermarec, Marie, Maurice, Cloriviere, Emerantine, Monsieur Pasques, Chorus)
7.

-

**:**
»  Act IV: Maurice, mon amour! (Marie, Maurice, Chorus, Le Commissaire, Cloteau, Cloriviere)
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/09/01
レスピーギ(1879-1936)の幻のオペラである「マリー・ヴィクトワール」は、1912年から13年頃に完成、1915年に初演が予定されながらも、政治的混乱に巻き込まれ結局それが叶わず、2004年までお蔵入りとなっていた作品です。フランス革命時代を舞台とし、台本もフランス語によるものです。パリの貴族の妻であるマリーと、彼女の夫モーリス、その友人クロリヴィエールの愛憎に、フランス革命特有の動乱が齎す熱気を絡めた物語は、レスピーギの華麗な音楽を得たことで、素晴しい色彩と劇的な表現力を帯び、息を飲むような迫力で展開していくのです。タイトルロールを歌うタケシャ・メシェ・キザールは2歳から舞台に立っていたという「新人」ソプラノです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。