ホーム > アルバム > 777221-2 リース:オラトリオ「イスラエルの王」(ライニッシェ・カントライ/ダス・クライネ・コンツェルト/マックス)

リース:オラトリオ「イスラエルの王」(ライニッシェ・カントライ/ダス・クライネ・コンツェルト/マックス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777221-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
フェルディナント・リース Ferdinand Ries
アーティスト
エヴァ・ヴォラク Ewa Wolak , ハリー・ファン・デル・カンプ Harry van der Kamp , ネーレ・グラムス Nele Gramss , マルクス・シェーファー Markus Schäfer , マレク・ジェプカ Marek Rzepka , ダス・クライネ・コンツェルト Kleine Konzert, Das , カイ・フローリアン・ビショフ Kai Florian Bischoff , ヘルマン・マックス Hermann Max , ライニッシェ・カントライ Rheinische Kantorei , ゲルヒルト・ロンベルガー Gerhild Romberger

リース:オラトリオ「イスラエルの王」(ライニッシェ・カントライ/ダス・クライネ・コンツェルト/マックス)

RIES, F.: Konige in Israel (Die) (Max)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777221-2

全トラック選択/解除

Disc 1

フェルディナント・リース - Ferdinand Ries (1784-1838)

**:**
オラトリオ「イスラエルの王」 Op. 186

Die Konige in Israel, Op. 186

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/265505
**:**
»  Part 1: Introduction
1.

-

**:**
»  Part 1: Herr David! Heil dem Herrscher (Chorus)
2.

-

**:**
»  Part 1: Aria: Nicht mein war Kraft und Sieg (David)
3.

-

**:**
»  Part 1: In dustrer Nacht (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part 1: Recitative: Dich kenn' ich und dein kindliches (Michol)
5.

-

**:**
»  Part 1: Aria: Gott, wie Wiesenbache leite (Michol)
6.

-

**:**
»  Part 1: Er nah't; gebiete deinen Knechten (Chorus of David's Warriors)
7.

-

**:**
»  Part 1: Recitative: Verwegner weich' (Saul, David)
8.

-

**:**
»  Part 1: Wohlan, wohlan, du Kuhner (Chorus of the Philistines)
9.

-

**:**
»  Part 1: Recitative: Weh mir, mich fasst ein Grauen (Saul, David) - Von dem Verrater wende dich ab (Chorus of Saul's Warriors)
10.

-

**:**
»  Part 1: Duet: O, Vater, sieh die Tranen (Michol, Jonathan)
11.

-

**:**
»  Part 1: Recitative: Dich irre nicht der Kinder weichlich Fleh'n (Abner)
12.

-

**:**
»  Part 1: Aria: Umsonst nicht will ich tragen (Saul)
13.

-

**:**
»  Part 1: So lasst Trommetten schmettern (Chorus of the Philistines)
14.

-

**:**
»  Part 1: Quartet: Eure Gotter furcht' ich nicht (Saul, David, Jonathan, Michol)
15.

-

**:**
»  Part 1: Hore denn vereint uns flehen (Chorus of the Israelites and Saul's Warriors) - Mogt zu euram Gotte flehen (Chorus of the Philistines)
16.

-

Disc 2

フェルディナント・リース - Ferdinand Ries (1784-1838)

**:**
オラトリオ「イスラエルの王」 Op. 186

Die Konige in Israel, Op. 186

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/265505
**:**
»  Part 2: Recitative: So ist es denn bei Dir beschlossen (Saul)
1.

-

**:**
»  Part 2: Aria: Weib, sprich das kuhne Zauberwort (Saul)
2.

-

**:**
»  Part 2: Recitative: Weh mir, du bist der Konig Israels! (Hexe von Endor, Saul)
3.

-

**:**
»  Part 2: Aria: Geist Samuels, des Sohns El-kanas (Hexe von Endor)
4.

-

**:**
»  Part 2: Recitative: Saul, warum storst du emine Ruh? (Samuel's Spirit)
5.

-

**:**
»  Part 2: Aria: Es wird das Reich von dir genommen (Samuel's Spirit)
6.

-

**:**
»  Part 2: Quintet: Herr, strafe nicht des Vaters Wahn (Michol, Hexe von Endor, Jonathan, Saul, Samuel's Spirit)
7.

-

**:**
»  Part 2: Schmetternde Horner, rauschende Zimbeln (Chorus of the Philistines)
8.

-

**:**
»  Part 2: Weh, in eure Hand gegeben (Chorus of Saul's Warriors)
9.

-

**:**
»  Part 2: Recitative: Ha, was sein muss, das geschehe! (Saul) - Wo weilst du, Vater, in des Kampfes Gefahr (Michol)
10.

-

**:**
»  Part 2: Aria: O Jammer, nicht zu nennen (Michol)
11.

-

**:**
»  Part 2: Seht, die Feinde fliehen, fallen (Chorus of the Philistines)
12.

-

**:**
»  Part 2: Erschlagen liegen die Helden (David, Chorus)
13.

-

**:**
»  Part 2: Von der Holle Macht gefangen (Chorus)
14.

-

**:**
»  Part 2: Heil dir! Du bist der Gesalbte des Herrn (Chorus)
15.

-

**:**
»  Part 2: Anbetung dem Ersten und dem Letzten (Chorus)
16.

-

**:**
»  Part 2: Er wird kommen und suhnen die Welt (Chorus)
17.

-

**:**
»  Part 2: Dem Sohne Davids Lob und Ehre! (Chorus)
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ベートーヴェンの弟子として知られるフェルディナント・リースの珍しい声楽作品です。18 歳の時にリースはベートーヴェンの下で学ぶためにウィーンへ旅立ちました。当時ベートーヴェンは「オリーヴ山上のキリスト」を仕上げていた頃でリースも楽譜のコピーなどを手伝ったと推測されています。リースは4 年間をウィーンで過ごしましたが、この経験は後の彼の作曲活動に多大なる影響を与えたことでしょう。このオラトリオはリースの後期の作品で、素晴らしい合唱と劇的なアリア、素晴らしい音楽で当時大成功を収めたものです。
レビュアー: 「運命と呼ばないで」担当 投稿日:2012/10/01
このアルバムに作品が収録されているフェルディナント・リースは、1784年にドイツ・ボンで生まれ、作曲家のみならずピアニスト、指揮者としても幅広く活躍した人物です。1801年にウィーンに渡り、同郷の先輩であるベートーヴェンにピアノを師事。晩年には、師ベートーヴェンに関するエピソードを綴った「覚書」を執筆しています。そこで描かれているのは、いかめしい巨匠というより、野心と茶目っ気にあふれたありのままのベートーヴェンの姿です。少年時代のリースや、彼の目を通して見たベートーヴェン像をもっと知りたい!という方に朗報。現在、ナクソス・ジャパン公式サイトにて、彼ら師弟のちょっぴりおかしな日常生活を描いた4コマ漫画「運命と呼ばないで」を連載しています。リースやベートーヴェンの音楽をNMLで聴きながら、ゆかいなエピソードの数々をお楽しみください。閲覧は完全無料、毎週木曜日更新です。WEB4コマ漫画「運命と呼ばないで」特設サイト http://naxos.jp/special/no_unmei
レビュアー: TOMO 投稿日:2014/08/02
4コママンガ「運命と呼ばないで」でお馴染み、ベートーヴェンの弟子であるフェルディナント・リースのオラトリオをご紹介します。「イスラエルの王」とは旧約聖書(主にサムエル記)に出てくるダビデ王のこと。細かい筋は聖書に任せるとして、ぜひ聴いていただきたいのはコーラスの美しさと勇ましさです。イスラエルの王として選ばれ神と人々から愛されたダビデの物語にふさわしく、リースは人々を惹きつける素晴らしい曲をたくさん作曲しました。特に序曲から一曲目のコーラスの勇壮さには耳を奪われます。聖書の物語を音楽にしたものは、ヘンデルの「メサイア」やバッハの「受難曲」など多数ありますが、リースの「イスラエルの王」はあまり知られていないのではないでしょうか。それほど長時間のオラトリオではないので、この機会にぜひお聴きになってみることをお薦めします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。