ホーム > アルバム > 777283-2 ラヴェル:2台のピアノのための作品集(ジェノヴァ&ディミトロフ・ピアノ・デュオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777283-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
編曲者
レオン・ロケ Léon Roques
アーティスト
ジェノヴァ&ディミトロフ・ピアノ・デュオ Genova and Dimitrov Piano Duo

ラヴェル:2台のピアノのための作品集(ジェノヴァ&ディミトロフ・ピアノ・デュオ)

RAVEL: Favorite Flavours - Works for 2 Pianos

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777283-2

全トラック選択/解除

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
スペイン狂詩曲(2台ピアノ版)

Rapsodie espagnole (version for 2 pianos)

録音: 19-21 December 2006, Hans-Rosbaud-Studio des SWR (South West German Radio), Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3274049
**:**
»  I. Prelude a la nuit (Prelude to the Night) -
1.

-

**:**
»  II. Malagueña
2.

-

**:**
»  III. Habanera
3.

-

**:**
»  IV. Feria
4.

-

 
**:**
ラ・ヴァルス(2台ピアノ版)

La valse (version for 2 pianos)

録音: 19-21 December 2006, Hans-Rosbaud-Studio des SWR (South West German Radio), Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3274050
**:**
»  La valse
5.

-

 
**:**
マ・メール・ロワ(2台ピアノ編)

Ma mere l'oye (Mother Goose) (arr. for 2 pianos)

録音: 19-21 December 2006, Hans-Rosbaud-Studio des SWR (South West German Radio), Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3274051
**:**
»  I. Pavane de la belle au bois dormant (Pavane of Beauty Sleeping in the Wood)
6.

-

**:**
»  II. Petit poucet (Tom Thumb)
7.

-

**:**
»  III. Laideronette, Imperatrice des pagodes (Laideronette, Empress of the Pagodas)
8.

-

**:**
»  IV. Les entretiens de la belle et de la bete (The Conversations of Beauty and the Beast)
9.

-

**:**
»  V. Le jardin feerique (The Fairy Garden)
10.

-

 
**:**
Daphnis et Chloe: Suite No. 2 (arr. L. Roques for 2 pianos)

録音: 19-21 December 2006, Hans-Rosbaud-Studio des SWR (South West German Radio), Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3274052
**:**
»  I. Lever du jour (Daybreak). II. Pantomime. III. Danse generale (General Dance)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
今までにJ・C・バッハからショスタコーヴィチなど7 枚のCD を出し、どれもが高い評価を受けているこのピアノ・デュオの最新盤です。何とも詩的で色彩的な演奏で、特に「ダフニスとクロエ」の編曲版はこれ以上ないほどの卓越した技巧と表現に裏打ちされた名演と言えるでしょう。そして「ラ・ヴァルス」は、J・シュトラウスやR・シュトラウスの爛熟したワルツを思わせるほど豊かな音が横溢しています。
レビュアー: ビー太郎 投稿日:2014/01/13
案外とゆっくり演奏しているので、曲の隅々まで聞き取ることが出来、非常に楽しめます。高音が華麗で低音が混濁せず、ピアノの鍵盤が目の前に彷彿とさせられる優れた録音が、すばらしい演奏を更に高めています。聞き終わった後、いいものを聞いたな、と久々に感じた素晴らしいCDですね。お勧めです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。