ホーム > アルバム > 777331-2 レハール:喜歌劇「青いマズルカ」(フランクフルト・ジングアカデミー室内合唱団/フランクフルト・ブランデンブルク州立管/ベールマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777331-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
フランツ・レハール Franz Lehár
作詞家
ベーラ・イェンバッハ Bela Jenbach , レオ・シュタイン Leo Stein
アーティスト
ヨハン・ヴァイゲル Johann Weigel , ヤン・コボウ Jan Kobow , ヨハンナ・ストイコヴィチ Johanna Stojkovic , ルドルフ・ティールシュ Rudolf Tiersch , ユリア・バウアー Julia Bauer , フランクフルト・ジングアカデミー Frankfurt Singakademie , フランクフルト・ブランデンブルク州立管弦楽団 Frankfurt Brandenburg State Orchestra , ハンス・クリフトフ・ベーゲマン Hans Christoph Begemann , フランク・ベールマン Frank Beermann , Andreas David , Michael Hoffmann

レハール:喜歌劇「青いマズルカ」(フランクフルト・ジングアカデミー室内合唱団/フランクフルト・ブランデンブルク州立管/ベールマン)

LEHAR, F.: Blaue Mazur (Die) [Operetta] (Beerman)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777331-2

全トラック選択/解除

Disc 1

フランツ・レハール - Franz Lehár (1870-1948)

**:**
喜歌劇「青いマズルカ」

Die blaue Mazur

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/295455
**:**
»  Act I: Introduction: Lasst uns Blumen streu'n - Dem Gluck entgegen (Chorus, Juljan, Blanka)
1.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Mein Hochzeitstag, wie glucklich bin ich (Blanka)
2.

-

**:**
»  Act I: Duet: Dieses kleine Medaillon - Komm, ich sag dir was ins Ohr (Blanka, Juljan)
3.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Lassen S'mich, Adolar, ich muss Juljan sehn! (Gretl)
4.

-

**:**
»  Act I: March Duet: Seit Bestand der Weltgeschichte - Ich bin zum letztenmal verliebt (Adolar, Gretl)
5.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Ui, das ist nochmal gutgegangen (Adolar)
6.

-

**:**
»  Act I: Song: Ja, ja, warum soll ich denn schlafen gehen? (Adolar, Ensemble)
7.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Hahaha! Ein komischer Kerl, was? (Juljan)
8.

-

**:**
»  Act I: Waltz Song: Ich darf nur eine lieben (Juljan)
9.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Was gibt's denn Neues im Klub und so? (Juljan)
10.

-

**:**
»  Act I: Finale: Du mein kleines Medaillon - Was sich ein Madchen ertraument - Du meiner Seele holder Abgott, du (Blanka, Juljan, Ensemble)
11.

-

Disc 2

フランツ・レハール - Franz Lehár (1870-1948)

**:**
喜歌劇「青いマズルカ」

Die blaue Mazur

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/295455
**:**
»  Act I: Entr'acte
1.

-

**:**
»  Act II: Dialogue: Funf Minuten nach holb zehn (Freiherr von Reiger)
2.

-

**:**
»  Act II: Gavotte - Trio: Verrauscht sind langst der Jugen Zeiten (Freiherr von Reiger, Planting, Klammdatsch)
3.

-

**:**
»  Act Ii: Dialogue: Entschuldigen Sie, mein Herr, ober ich muss Sie unbedingt sprechen (Blanka)
4.

-

**:**
»  Act II: Madrigal - Quintett: Ein Weib ist im Haus (Blanka, Adolar, Vorige)
5.

-

**:**
»  Act II: Dialogue: Drei Vater (Blanka)
6.

-

**:**
»  Act II: Finale: Lockend erwartet mich das Leben - Du meiner Seele holder Abgott, du (Blanka, Vorige, Juljan)
7.

-

**:**
»  Act III: Waltz Scene
8.

-

**:**
»  Act III: Dialogue: Oh, Blanka! Wer hatt' das gedacht (Freiherr von Reiger)
9.

-

**:**
»  Act III: Duet: So bn ich also frei - Wir wollen es den Menschen verschweigen (Blanka, Juljan)
10.

-

**:**
»  Act III: Dialogue: Mit wem hab' ich das Vergnugent? (Freiherr von Reiger)
11.

-

**:**
»  Act III: Dance Song: Wenn ich die Buhne betrete - Klinge, su susse Musik (Gretl, Ensemble)
12.

-

**:**
»  Act III: Dialogue: Wie ich hore, weigern Sie sich standhaft, die Mazur zu tanzen (Juljan)
13.

-

**:**
»  Act III: Mazurka: Tanzt der Pole die Mazur (Juljan, Blanka)
14.

-

**:**
»  Act III: Dialogue: Hor' mich an, Adolar (Gretl)
15.

-

**:**
»  Act III: Duet: Lumperl, Lumperl, einmal muss es sein - Moderl, mein susses Grederl (Gretl, Adolar)
16.

-

**:**
»  Act III: Dialogue: Herr Baron, ich habe den Entschluss gefasst (Juljan)
17.

-

**:**
»  Act III: Finale: Meine Landsleute und Freunde sind glucklich in diesem Haus - Der junge Graf war in leichtlebiger Gesell - Wer die Liebe kennt - Nur mit einer tanzt der Pole (Juljan, Blanka, Ensemble)
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
レハールは自身の作品の中に地方色を盛り込むことが好きでした。それはハンガリー風であったり、チェコ風であったり、中国風であったり。1920年、彼が50歳の時に作曲したこのオペレッタ「青いマズルカ」は題名通り、ポーランド風の台本を用いてます(中国風な一面も持ち合わせています)。ちょっとしたサスペンスはあるものの、音楽は常に明るさを失うことなく、登場人物たちはいつもダンスを踊っています。この宝石のような音楽は、初演時レハールにすばらしい称賛をもたらしたのでした。表情豊かな歌い手たちが、この隠れた名作に光りを当てます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。