ホーム > アルバム > 777333-2 フェオ:死者のためのミサ曲/コンフィテボール(わたしは心を尽くして主に感謝をささげる)(バツドルファー・ホーフカペレ/ユング)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777333-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
フランチェスコ・フェオ Francesco Feo
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ドロテア・ヴァグナー Dorothea Wagner , ザクセン・ヴォーカル・アンサンブル Saxon Vocal Ensemble , アニヤ・チュークナー Anja Zugner , バツドルファー・ホーフカペレ Batzdorfer Hofkapelle , ドミニカ・ヒルシュラー Dominika Hirschler , トビアス・フンガー Tobias Hunger , トビアス・ベルント Tobias Berndt , マティアス・ユング Matthias Jung

フェオ:死者のためのミサ曲/コンフィテボール(わたしは心を尽くして主に感謝をささげる)(バツドルファー・ホーフカペレ/ユング)

FEO, F.: Missa defunctorum / Confitebor (Jung)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777333-2

全トラック選択/解除

フランチェスコ・フェオ - Francesco Feo (1691-1761)

**:**
死者のためのミサ曲

Missa defunctorum

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/360484
**:**
»  Kyrie (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
1.

-

**:**
»  Gloria (Soprano 1, Soprano 2, Chorus)
2.

-

**:**
»  Laudamus te (Soprano 1, Soprano 2)
3.

-

**:**
»  Gratias agimus tibi (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
4.

-

**:**
»  Qui tollis I (Bass)
5.

-

**:**
»  Qui tollis II (Soprano 1)
6.

-

**:**
»  Qui sedes ad dexterem Patres (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
7.

-

**:**
»  Quoniam tu solus sanctus (Alto)
8.

-

**:**
»  Cum sancto spiritu (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
9.

-

**:**
»  Credo in unum Deum (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
10.

-

**:**
»  Et incarnatus est (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
11.

-

**:**
»  Crucifixus (Soprano 1, Alto, Tenor)
12.

-

**:**
»  Et resurrexit ((Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
13.

-

**:**
»  Sanctus (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
14.

-

**:**
»  Benedictus (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
15.

-

**:**
»  Agnus dei (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
16.

-

 
**:**
われ主に感謝せん

Confitebor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/360485
**:**
»  Confitebor tibi Domine (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
17.

-

**:**
»  Redemptionen misit (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
18.

-

**:**
»  Initium sapientiae (Alto, Chorus)
19.

-

**:**
»  Intellectus bonus (Soprano 2, Bass)
20.

-

**:**
»  Sicut erat in principio (Soprano 1, Soprano 2, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ナポリの作曲家フェオはその生涯をナポリで過ごし、また働きました。彼の最も成功した作品は1734年に書かれた「聖フランチェスコ・ディ・サレ」でしょう。これらはザクセンのポーランド貴族の宮廷で演奏されました。通常のナポリの教会音楽ではキリエとグローリアのみが演奏されていて、そこに何か付けくわえても、単なる付属物にしか成り得ませんでした。しかし、彼のおかげで人々は新しいスタイルのミサを初めて聴くことができたのでした。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。