ホーム > アルバム > 777361-2 カルステニウス:交響曲第1番/シンフォニエッタ第2番/ムジカ・シンフォニカ(ヘルシンボリ響/ベールマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777361-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドヴィン・カルステニウス Edvin Kallstenius
アーティスト
フランク・ベールマン Frank Beermann , ヘルシンボリ交響楽団 Helsingborg Symphony Orchestra

カルステニウス:交響曲第1番/シンフォニエッタ第2番/ムジカ・シンフォニカ(ヘルシンボリ響/ベールマン)

KALLSTENIUS, M.: Symphony No. 1 / Sinfonietta No. 2 / Musica Sinfonica (Helsingborg Symphony, Beermann)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777361-2

全トラック選択/解除

エドヴィン・カルステニウス - Edvin Kallstenius (1881-1967)

**:**
交響曲第1番 変ホ長調 Op. 16 (1941年版)

Symphony No. 1 in E-Flat Major, Op. 16 (1941 version)

録音: 1-5 October 2007, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3850293
**:**
»  I. Allegro ordinario
1.

-

**:**
»  II. Intermezzo malinconico
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro con spirito
3.

-

 
**:**
シンフォニエッタ第2番 ト長調 Op. 34

Sinfonietta No. 2 in G Major, Op. 34

録音: 1-5 October 2007, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3850294
**:**
»  I. Pezzo capitale: Allegro moderato e lirico
4.

-

**:**
»  II. Espressivo
5.

-

**:**
»  III. Finale gagliardo
6.

-

 
**:**
ムジカ・シンフォニカ Op. 42

Musica Sinfonica, Op. 42

録音: 1-5 October 2007, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3850295
**:**
»  I. Allegro marcato e con brio
7.

-

**:**
»  II. Adagio poco religioso
8.

-

**:**
»  III. Allegro ordinario, ma brioso
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
カルステニウス(1881-1967)はスウェーデンの作曲家。もともとは自然科学を学び、1904年から1907年まで、ドイツの音楽教師、作曲家シュテファン・クレールの元で音楽を学びます。その後は音楽評論家を務めながら、ストックホルム放送局の音楽資料係を担当し、同時にスウェーデン作曲家協会、著作権協会の執行役員を務めるなど、スウエーデンの音楽の発展に力を尽くしました。放送劇のための付属音楽を始め、交響曲やピアノ協奏曲など、数多くの作品を残しました。彼が崇拝したのは、頽廃音楽作曲家として知られるフランツ・シュレーカーでしたが、その作風はもう少し古典的であり、メロディを重視した魅力的なものです。彼の最初の交響曲「第1番」は1920年代に作曲されたものです。ラングストレームは「カルステニウスはチャーミングな作曲家ではないが、この作品には拍手を送る」と意味深いコメントを寄せています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。