ホーム > アルバム > 777391-2 シュミット:室内楽作品集(グレール/ズール/メンケマイヤー/リンマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777391-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ハインリヒ・カスパール・シュミット Heinrich Kaspar Schmid
アーティスト
ピルミン・グレール Pirmin Grehl , ヨハネス・ズール Johannes Zurl , ニルス・メンケマイヤー Nils Monkemeyer , ニコラス・リンマー Nicholas Rimmer

シュミット:室内楽作品集(グレール/ズール/メンケマイヤー/リンマー)

SCHMID, H.K.: Chamber Music (Grehl, Zurl, Monkmeyer, Rimmer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777391-2

全トラック選択/解除

ハインリヒ・カスパール・シュミット - Heinrich Kaspar Schmid (1874-1953)

**:**
三重奏曲 Op. 114

Trio, Op. 114

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/452109
**:**
»  I. Allegro appassionato
1.

-

**:**
»  II. Vivo molto
2.

-

**:**
»  III. Adagio non troppo
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Vivace
4.

-

 
**:**
フルート・ソナタ イ長調 Op. 106

Flute Sonata in A Major, Op. 106

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/452114
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Rasch und lebhaft
6.

-

**:**
»  III. Andante: Cantabile
7.

-

**:**
»  IV. Poco sostenuto
8.

-

 
**:**
アレグレット 変ロ長調 Op. 34 No. 2
9.

Allegretto in B-Flat Major, Op. 34, No. 2

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/452115
 
**:**
ヴィオラ・ソナタ ヘ長調 Op. 111

Viola Sonata in F Major, Op. 111

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/452116
**:**
»  I. Con moto moderato
10.

-

**:**
»  II. Scherzo: Vivace molto
11.

-

**:**
»  IV. Finale: Largo - Allegro con spirito
12.

-

 
**:**
カプリッチョ イ短調 Op. 34 No. 5
13.

Capriccio in A Minor, Op. 34, No. 5

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/452117
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
cpoの毎月のリリースを眺めていると、まだまだ知られていない作曲家が多いのだな。と感心してしまいます。このカスパール・シュミットもそんな一人。1874年に生まれ1953年にミュンヘンで没した人ですが、作品を聴く機会はほとんどありません。幼少の頃は、レーゲンスブルク大聖堂の聖歌隊で歌い、その後ミュンヘン音楽アカデミーでルートヴィヒ・トゥイレに作曲を学びました。彼の作品は、当時プフィッツナーと同等に高く評価されたのですが、結局作風は後期ロマン派の域を出ることはありませんでした。R.シュトラウスのような強い個性を持たない穏健な作風のせいで、恐らく歴史の狭間に埋もれてしまったのでしょう。どの作品もブラームスやシューマンの影を色濃く残していて、調性を逸脱することなく安心して楽しめます。
レビュアー: 写楽斎 投稿日:2018/10/12
いや、この人なかなか良いよ。時代が経てば作風が保守的か前衛的なのかなんて、意味をなさなくなる。所詮、何十年かの差に過ぎないのだから。むしろ無理して新しがった人の失敗のほうが悲惨で、どんな芸術家も自分の言葉のに、勝る表現はないだろう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。