ホーム > アルバム > 777405-2 シュトラウスII:喜歌劇「ローマの謝肉祭」(タイス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777405-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
ヨハン・シュトラウスII世 Johann Strauss II
作詞家
ヨーゼフ・ブラウン Josef Braun
アーティスト
マンフレート・エクヴィルツ Manfred Equiluz , ジェシカ・グラット Jessica Glatte , マルクス・グンツェル Marcus Gunzel , ベルント・ケーネス Bernd Könnes , エルンスト・タイス Ernst Theis , ドレスデン国立歌劇場合唱団 Dresden State Opera Chorus , ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 Dresden State Opera Orchestra , イザヴェラァ・マァーツァッハ Isabella Ma-Zach , アンドレ・マイヤー Andre Meyer , Michael Heim , Jens-Uwe Murner , Jeanette Oswald , Stefan Trommler

シュトラウスII:喜歌劇「ローマの謝肉祭」(タイス)

STRAUSS II, J.: Carneval in Rom (Der) [Operetta] (Theis)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777405-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨハン・シュトラウスII世 - Johann Strauss II (1825-1899)

**:**
喜歌劇「ローマの謝肉祭」 Op. 356

Der Carneval in Rom, Op. 356

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/950692
**:**
»  Ouverture
1.

-

**:**
»  Act I: Introduction: Vom Tale d'runten klinget der Glockenton so rein (Marie, Toni, Therese, Franz, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I: Dialog
3.

-

**:**
»  Act I: Duettino: Maler wandern gerne (Rafaeli, Hesse)
4.

-

**:**
»  Act I: Dialog
5.

-

**:**
»  Act I: Duet: Nicht langer duld' ich dieses Treiben (Graf, Grafin)
6.

-

**:**
»  Act I: Dialog
7.

-

**:**
»  Act I: Finale: Ja noch in dieser Stunde (Graf, Rafaeli, Hesse, Grafin, Marie, Therese, Franz, Chorus)
8.

-

Disc 2

ヨハン・シュトラウスII世 - Johann Strauss II (1825-1899)

**:**
喜歌劇「ローマの謝肉祭」 Op. 356

Der Carneval in Rom, Op. 356

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/950692
**:**
»  Act II: Introduction and Chorus: Weltberuhmtes Rom (Chorus)
1.

-

**:**
»  Act II: Lied: Kommt, ihr Leute, bleibet stehn (Marie, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act II: Dialog
3.

-

**:**
»  Act II: Arie and Chorus: O seht den frommen Pilgersmann … Von Josefs Mantel seht hier einen Knopf (Arthur, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act II: Dialog
5.

-

**:**
»  Act II: Quintet: Ich geh' hinuber in das Haus (Graf, Grafin, Arthur, Rafaeli, Hesse)
6.

-

**:**
»  Act II: Dialog
7.

-

**:**
»  Act II: Duet: Ein Kunstler also willst du werden? (Arthur, Marie)
8.

-

**:**
»  Act II: Ensemble - Einlage Grafin: Gefangen trauern (Grafin)
9.

-

**:**
»  Act II: Ensemble - Chorus: Wenn die Abendglocken hallen (Chorus)
10.

-

**:**
»  Act II: Dialog
11.

-

**:**
»  Act II: Lied (Tarantella): Versteh' ich noch nicht die Farben zu mischen (Marie, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act II: Finale: Champagner her, ein ganzes Meer (Arthur, Rafaeli, Hesse, Graf, Marie, Grafin, Chorus)
13.

-

**:**
»  Act III: Dialog
14.

-

**:**
»  Act III: Ariette: Es jauchzt mir im Innern (Arthur)
15.

-

**:**
»  Act III: Dialog
16.

-

**:**
»  Act III: Quartet: Schonste aller Frauen (Marie, Grafin, Arthur, Graf)
17.

-

**:**
»  Act III: Dialog
18.

-

**:**
»  Act III: Duet: Von jenen Damen allen (Marie, Arthur)
19.

-

**:**
»  Act III: Dialog
20.

-

**:**
»  Act III: Finale: Carneval, dich preisen wir (Marie, Grafin, Arthur, Graf, Rafaeli, Hesse, Chorus)
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/03/01
この作品はヨハン・シュトラウスが手掛けてオペレッタの第2作にあたります。第1作の「インディゴと40人の盗賊」に比べると、その力量が飛躍的に上がったと称されたのですが、その1年後に初演された「こうもり」が素晴らしすぎて、すっかり評判が落ちてしまった不遇の作品です。原作は、あの「トスカ」を書いたV.サルドゥで、1組の男女と、2人の画家、そして、ちょっと浮気な伯爵夫人とその夫。嫉妬のために少年に変装して恋人に近づく娘などの設定は、幾分ご都合主義的ではありますが、音楽は素晴らしく情緒的です。演奏によって、色々なヴァージョンが存在する曲ですが、こちらは1937年に指揮者F.マルツァレクがドルトムントで行った版に基づくもので、2004年ドレスデンでの公演記録となります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。