ホーム > アルバム > 777419-2 ペヤチェヴィチ:ピアノ三重奏曲 Op. 29/チェロ・ソナタ Op. 35 (ビエロフ/ポルテラ/トリンドル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777419-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ドーラ・ペヤチェヴィチ Dora Pejačević
アーティスト
オリヴァー・トリンドル Oliver Triendl , アンドレイ・ビエロウ Andrej Bielow , クリスティアン・ポルテラ Christian Poltéra

ペヤチェヴィチ:ピアノ三重奏曲 Op. 29/チェロ・ソナタ Op. 35 (ビエロフ/ポルテラ/トリンドル)

PEJACEVIC, D.: Piano Trio, Op. 29 / Cello Sonata, Op. 35 (Bielow, Poltera, Triendl)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777419-2

全トラック選択/解除

ドーラ・ペヤチェヴィチ - Dora Pejačević (1885-1923)

**:**
ピアノ三重奏曲 ハ長調 Op. 29

Piano Trio in C Major, Op. 29

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1169275
**:**
»  I. Allegro con moto
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro
2.

-

**:**
»  III. Lento - Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro risoluto
4.

-

 
**:**
チェロ・ソナタ ホ短調 Op. 35

Cello Sonata in E Minor, Op. 35

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1172294
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro
6.

-

**:**
»  III. Adagio sostenuto
7.

-

**:**
»  IV. Allegro comodo
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/06/01
交響曲嬰へ短調(777418-2)で、堂々たる「センター入り」を飾ったクロアチア出身の作曲家、ペヤチェヴィチ(1885-1923)。今作は彼女の本領発揮とも言える室内楽作品集です。彼女の全室内楽作品の内訳は、2 つの弦楽四重奏、ピアノ四重奏、ピアノ五重奏、2 つのヴァイオリン・ソナタ、チェロ・ソナタ1 曲、そして2 つのピアノ三重奏曲です。とりわけピアノへの偏愛が感じられ、管楽器の作品は一つもありません。ピアノ三重奏曲Op.29 は、すでに成熟しており、非常に表現力豊かで、端正なテクスチャーを持つ作品です。1913 年に書かれたチェロ・ソナタ(1915 年に改作)は、劇的であり、また堂々とした曲です。これを聴いてしまえば、他の作品の録音も待ち遠しくなるはずです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。