ホーム > アルバム > 777421-2 ペヤチェヴィチ:即興曲/ピアノ四重奏曲 ニ短調/ピアノ五重奏曲 ロ短調/弦楽四重奏曲 ハ長調(シネ・ノミネ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777421-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ドーラ・ペヤチェヴィチ Dora Pejačević
アーティスト
シネ・ノミネ四重奏団 Quatuor Sine Nomine , オリヴァー・トリンドル Oliver Triendl

ペヤチェヴィチ:即興曲/ピアノ四重奏曲 ニ短調/ピアノ五重奏曲 ロ短調/弦楽四重奏曲 ハ長調(シネ・ノミネ四重奏団)

PEJACEVIC, D.: Impromptu / Piano Quartet in D Minor / Piano Quintet in B Minor / String Quartet in C Major (Chamber Works) (Quatour Sine Nomine)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777421-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ドーラ・ペヤチェヴィチ - Dora Pejačević (1885-1923)

**:**
ピアノ五重奏曲 ロ短調 Op. 40

Piano Quintet in B Minor, Op. 40

録音: 24-27 September 2009, Alte Kirche, Boswil, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2734975
**:**
»  I. Allegro ma non troppo e con energia
1.

-

**:**
»  II. Poco sustenuto
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Molto vivace
3.

-

**:**
»  IV. Allegro moderato
4.

-

Disc 2

ドーラ・ペヤチェヴィチ - Dora Pejačević (1885-1923)

**:**
弦楽四重奏曲 ハ長調 Op. 58

String Quartet in C Major, Op. 58

録音: 24-27 September 2009, Alte Kirche, Boswil, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2734976
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Minuetto: Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Rondo: Allegro
4.

-

 
**:**
ピアノ四重奏曲 ニ短調 Op. 25

Piano Quartet in D Minor, Op. 25

録音: 24-27 September 2009, Alte Kirche, Boswil, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2734977
**:**
»  I. Allegro ma non tanto
5.

-

**:**
»  II. Andante con moto
6.

-

**:**
»  III. Allegretto grazioso
7.

-

**:**
»  IV. Allegro comodo
8.

-

 
**:**
即興曲 Op. 9
9.

Impromptu, Op. 9

録音: 24-27 September 2009, Alte Kirche, Boswil, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2734974
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/12/01
cpoレーベルが精力的にリリースを続けている女性作曲家ドーラ・ペヤチェヴィチ(1885-1923)。今作は彼女の室内楽に焦点を当てます。彼女の作品の中でも「室内楽」は重要な位置を占めていて、そのどれもが独自のテクスチャーを持つ見事な音楽です。彼女が最初の室内楽である「ピアノ四重奏曲 Op.25」を書いたのは1908年、23歳の時でした。古典的なフォルムと、4つの性格的な表情を持つ楽章は彼女の独自性がイヤというほど感じられます。ピアノ五重奏曲Op.40は、交響曲や「スラブ風ソナタ」と並行して書かれたもので、厳粛な雰囲気を持ち、崇高な精神の高揚が感じられるインスピレーション溢れる最高傑作の一つです。同じく最高傑作の一つピアノ四重奏曲Op.58と、若き頃に書かれた即興曲。これらが世に出ることで、ますますこの「類い稀なる作曲家」の信奉者が増えることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。