ホーム > アルバム > 777423-2 グラウン兄弟:2つのヴァイオリンと通奏低音のためのトリオ集(レサミ・ド・フィリッペ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777423-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
カール・ハインリヒ・グラウン Carl Heinrich Graun , ヨハン・ゴットリープ・グラウン Johann Gottlieb Graun
アーティスト
レサミ・ド・フィリッペ Amis de Philippe, Les

グラウン兄弟:2つのヴァイオリンと通奏低音のためのトリオ集(レサミ・ド・フィリッペ)

GRAUN, J.G. / GRAUN, C.H.: Trios for 2 Violins and Basso Continuo (Les Amis de Philippe)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777423-2

全トラック選択/解除

ヨハン・ゴットリープ・グラウン - Johann Gottlieb Graun (1702-1771)

**:**
トリオ イ長調 GraunWV A:XV:13

Trio in A Major, GraunWV A:XV:13

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/360825
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

ヨハン・ゴットリープ・グラウン - Johann Gottlieb Graun (1702-1771) / カール・ハインリヒ・グラウン - Carl Heinrich Graun (1704-1759)

**:**
トリオ ニ長調 GraunWV Cv:XV:100

Trio in D Major, GraunWV Cv:XV:100

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/360826
**:**
»  I. Adagio
4.

-

**:**
»  II. Allegro
5.

-

**:**
»  III. Affetuoso
6.

-

**:**
»  IV. Allegro
7.

-

ヨハン・ゴットリープ・グラウン - Johann Gottlieb Graun (1702-1771)

**:**
トリオ ハ短調 GraunWV Av:XV:19

Trio in C Minor, GraunWV Av:XV:19

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/360827
**:**
»  I. Adagio
8.

-

**:**
»  II. Allegro ma non molto
9.

-

**:**
»  III. Allegro
10.

-

 
**:**
トリオ ニ長調 GraunWV Av:XV:23

Trio in D Major, GraunWV Av:XV:23

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/360828
**:**
»  I. Adagio ma non tanto
11.

-

**:**
»  II. Allegro moderato
12.

-

**:**
»  III. Allegro assai
13.

-

 
**:**
トリオ ホ長調 GraunWV Av:XV:27

Trio in E Major, GraunWV Av:XV:27

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/360829
**:**
»  I. Adagio
14.

-

**:**
»  II. Allegretto
15.

-

**:**
»  III. Allegro
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ハッセと同時代の作曲家、グラウン兄弟(生まれ年には諸説あり)は、高名なヴァイオリニストであった兄ヨハン・ゴットリープと卓越したオペラ作曲家として名を上げた弟カール・ハインリヒの2人で同時代の音楽の発展に大きな力を尽くしたことで知られます。最近もcpoレーベルから弟カールの声楽曲がリリースされ(777452-2)、声楽曲ファンを喜ばせたばかりですが、今回は室内楽の作品集をお届けいたします。兄弟ともどもフリードリヒ大王の宮廷に仕えていただけあって、室内楽作品はお手の物。ヴァイオリンは存分に歌い、通奏低音はヴァイオリンを引き立てつつも声高らかに主張します。これらは1750年から1755年頃に書かれたとされ、当時の音楽の流行も反映された興味深い作品となっています。またここでグラウン兄弟の才能の片鱗が露わとなることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。