ホーム > アルバム > 777427-2 ブゾーニ:ピアノ作品集(ペンティネン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777427-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach , フェルッチョ・ブゾーニ Ferruccio Busoni
編曲者
フェルッチョ・ブゾーニ Ferruccio Busoni
アーティスト
ローランド・ペンティネン Roland Pöntinen

ブゾーニ:ピアノ作品集(ペンティネン)

BUSONI, F.: Piano Music (Pontinen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777427-2

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV 1004 - 第5曲 シャコンヌ(F. ブゾーニによるピアノ編)
1.

Violin Partita No. 2 in D Minor, BWV 1004: V. Chaconne (arr. F. Busoni for piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2883141

フェルッチョ・ブゾーニ - Ferruccio Busoni (1866-1924)

**:**
Bach - 10 Chorale Preludes (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10297255
**:**
»  No. 3. Nun komm' der Heiden Heiland, BWV 659
2.

-

**:**
»  No. 2. Wachet auf, ruft uns die Stimme, BWV 645
3.

-

**:**
»  No. 5. Ich ruf' zu dir, Herr, BWV 639
4.

-

**:**
»  No. 8. In dir ist Freude, BWV 615
5.

-

**:**
»  No. 9. Jesus Christus, unser Heiland, BWV 665
6.

-

 
**:**
An die Jugend: III. Giga, Bolero e variazione

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10297256
**:**
»  An die Jugend: III. Giga, Bolero e variazioneBolero
7.

-

 
**:**
3つのアルバムの綴り

3 Albumblätter

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10297257
**:**
»  No. 1. Andantino sostenuto
8.

-

**:**
»  No. 2. Andante
9.

-

**:**
»  No. 3. Sostenuto religioso, "In der Art eines Choralvorspiels"
10.

-

 
**:**
10 Variations on Chopin's C Minor Prelude (revised 1922 version of Op. 22)
11.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10297258
 
**:**
J.S. バッハによる幻想曲
12.

Fantasia nach J.S. Bach

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10297259
 
**:**
Nuit de noel
13.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10297260
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2016/07/26
ブゾーニはイタリアの作曲家ですが、母方の祖父はドイツ人であり、彼自身もバッハとモーツァルトに深く傾倒していました。ピアニストとしても才能に恵まれた彼は、先人の作品を研究し、自分自身の創造性を高める目的で、これらを編曲。新たな表情を持たせたのです。中でもよく知られているのが、J.S.バッハ作曲「無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ」のピアノ編曲でしょう。この曲は、ブラームスなど他の作曲家もピアノ独奏への編曲を試みていますが、やはり絢爛たる超絶技巧を駆使したブゾーニ版は一歩抜きんでた存在であり、ピアニストの憧れの1曲と言ってもよいだけの風格を備えています。その他のバッハ作品を始め、モーツァルトやショパンのトランスクリプションは、原曲の要素を残しながらも、全く新しいものとして捉えてみてください。ピアニスト、ペンティネンは正統派のレパートリーを極めながらも、このような編曲物も得意とする、「超絶技巧マニア」にとっては嬉しい存在です。ここでも、芯の通った素晴らしい演奏で聴き手を魅了します。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。