ホーム > アルバム > 777437-2 レントヘン:ヴァイオリン協奏曲(ラインランド=プファルツ州立フィル/フェルシュトマン/ポルセライン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777437-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ユリウス・レントヘン Julius Röntgen
アーティスト
リザ・フェルシュトマン Liza Ferschtman , ダーヴィッド・ポルセライン David Porcelijn , ラインランド=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団 Rheinland-Pfalz State Philharmonic Orchestra

レントヘン:ヴァイオリン協奏曲(ラインランド=プファルツ州立フィル/フェルシュトマン/ポルセライン)

RONTGEN, J.: Violin Concertos (Rheinland-Pfalz State Philharmonic, Ferschtman, Porcelijn)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777437-2

全トラック選択/解除

ユリウス・レントヘン - Julius Röntgen (1855-1932)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ短調

Violin Concerto in A Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1018070
**:**
»  I. Allegro ben moderato
1.

-

**:**
»  II. Lento
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro non troppo
3.

-

 
**:**
バラード
4.

Ballad

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1018071
 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 嬰ヘ短調

Violin Concerto in F-Sharp Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1018072
**:**
»  I. Moderato
5.

-

**:**
»  II. Andante tranquillo
6.

-

**:**
»  III. Allegro capriccioso
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/04/01
cpoレーベルではおなじみ、オランダの作曲家ユリウス・レントヘン(1855-1932)のヴァイオリン協奏曲です。もとはドイツ生まれですが、22歳の時にオランダへ行き、ブラームスと親交を結んだり、ロイヤル・コンセルトヘボウ管の結成に関わったりと活発な活動をしています。彼は優秀なピアニストでもあったため、1887年にはブラームスのピアノ協奏曲第2番を作曲家の指揮で演奏したという記録もあります。彼は3曲のヴァイオリン協奏曲を作曲しましたが、現存しているのは2曲のみ。どちらの曲も、ピアノを愛しつつも、若い頃からヴァイオリンにも親しんでいた彼ならではの情緒溢れる重厚な作品です。オランダの若手女性ヴァイオリニスト、リーザ・フェルシュトマンの知的な演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。