ホーム > アルバム > 777468-2 ラッソ:クリスマスモテット集(ブレーメン・ヴェーザー=ルネサンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777468-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
オルランド・ディ・ラッソ Orlande de Lassus
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ブレーメン・ヴェーザー=ルネサンス Bremen Weser-Renaissance

ラッソ:クリスマスモテット集(ブレーメン・ヴェーザー=ルネサンス)

LASSUS, O. de: Christmas Motets (Bremen Weser-Renaissance)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777468-2

全トラック選択/解除

オルランド・ディ・ラッソ - Orlande de Lassus (1532-1594)

**:**
すべての者はシバより来たらん
1.

Omnes de Saba venient

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/452108
 
**:**
カルミナ・クロマティカ
2.

Carmina chromatica

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284822
 
**:**
シビラの預言(抜粋)

Prophetiae Sibyllarum (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284823
**:**
»  Virgine matre
3.

-

**:**
»  Ecce dies venient
4.

-

 
**:**
聖歌集(サクレ・カンティオーネス)(ニュルンベルク1562)
5.

Sacrae cantiones [Nuremberg, 1562]: 1a pars: Jerusalem plantabis vineam

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284824
**:**
»  Non tarde
6.

-

**:**
»  In teneris
7.

-

 
**:**
輝くオリュンポスの山より星が現われ
8.

Sidus ex claro veniet

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284826
**:**
»  Ecce dies nigras
9.

-

**:**
»  Jam mea
10.

-

 
**:**
イエスが生まれたまいし時
11.

Cum natus esset Jesus

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284828
**:**
»  Dum meditor
12.

-

**:**
»  Ipsa Deum
13.

-

 
**:**
「雨のように羊毛の上へ彼は降りて来ます」
14.

Descendit sicut pluvia

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284830
**:**
»  Virginis aeternum
15.

-

**:**
»  Verax ipse
16.

-

 
**:**
驚くべき神秘よ
17.

Mirabile mysterium

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284832
 
**:**
言葉は肉となり
18.

Verbum caro factum est

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284833
**:**
»  Summus erit
19.

-

**:**
»  Cerno Dei
20.

-

 
**:**
Jubilemus singuli
21.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284835
 
**:**
賛美の歌を響かせよ
22.

Resonet in laudibus

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2284836
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
16世紀、フランドル楽派後期最大の作曲家、ラッソ(ラッスス)のユニークな作品「巫女の予言」です。古代ギリシアの巫女たちの預言はのちにキリスト教と結び付き、キリスト降誕の預言として伝えられます。このラッソの作品は、プロローグと12の曲からなるモテットで、各々の曲には巫女の住む地名が付されています。曲が出版されたのは作曲家の死後のことですが、作曲されたのは20歳頃だと考えられています。キリストの生誕についての預言なので、必然的にテキスト全てにクリスマスのメッセージが隠されています。音楽は、この当時としては革新的な和声や調性感などが随所に見られる、幻想的な作風となっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。