ホーム > アルバム > 777475-2 ヴァンハル:弦楽四重奏曲集 Op. 1, No. 4, Op. 33, No. 2/弦楽四重奏曲 ト長調/6つの四重奏曲 - 第2番変ホ長調(ロータス弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777475-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヨハン・バプティスト・ヴァンハル Johann Baptist Vaňhal
アーティスト
ロータス弦楽四重奏団 Lotus String Quartet

ヴァンハル:弦楽四重奏曲集 Op. 1, No. 4, Op. 33, No. 2/弦楽四重奏曲 ト長調/6つの四重奏曲 - 第2番変ホ長調(ロータス弦楽四重奏団)

VAŇHAL, J.B.: String Quartets, Op. 1, No. 4 and Op. 33, No. 2 / String Quartet in G Major / 6 Quatours: No. 2 in E-Flat Major (Lotus String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777475-2

全トラック選択/解除

ヨハン・バプティスト・ヴァンハル - Johann Baptist Vaňhal (1739-1813)

**:**
弦楽四重奏曲 ハ短調 Op. 1, No. 4

String Quartet in C Minor, Op. 1, No. 4

録音: 23-25 March 2009, Kammermusikstudio des SWR Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3854465
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Minuetto - Trio
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲 ト長調

String Quartet in G Major

録音: 23-25 March 2009, Kammermusikstudio des SWR Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3854466
**:**
»  I. Allegro molto moderato
5.

-

**:**
»  II. Aria I-II
6.

-

**:**
»  III. Adagio
7.

-

**:**
»  IV. Allegro moderato
8.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲 イ長調 Op. 33, No. 2

String Quartet in A Major, Op. 33, No. 2

録音: 23-25 March 2009, Kammermusikstudio des SWR Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3854467
**:**
»  I. Allegro moderato
9.

-

**:**
»  II. Arietta I-II
10.

-

**:**
»  III. Adagio sostenuto
11.

-

**:**
»  IV. Rondo: Allegro molto
12.

-

 
**:**
6つの四重奏曲 「ホフマイスター」 - 第2番 変ホ長調

6 Quatours, "Hoffmeister": No. 2 in E-Flat Major

録音: 23-25 March 2009, Kammermusikstudio des SWR Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3854468
**:**
»  I. Allegro con fuoco
13.

-

**:**
»  II. Adagio
14.

-

**:**
»  III. Allegro
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
ボヘミアの農家に生まれ、地方の音楽家から早期教育を受け、村のオルガニスト、教会楽長として活躍を始めたヴァンハル(1739-1813)。彼のヴァイオリン演奏をきいたシャフゴーチュ伯爵夫人によって、彼はウィーンで学べるようになり、その後も支援を受けたおかげで、ヴァンハルの才能は見事に開花したのでした。ウィーンで音楽教師として生活しながら、1000曲を超える作品を生み出し、その作品は大いなる賞賛を受けたと言われ、彼の新作はヨーロッパだけでなく、遠く離れたアメリカ合衆国でも演奏されるほどの人気を博したため、彼は常に作品を生み出さなくてはならず、結局はその重圧に耐えかねたのか、ウィーンを離れることになってしまったと言われています。ハイドンやモーツァルトの作品に匹敵するほどの霊感に満ちた彼の作品を、1992年に設立された「ロータス弦楽四重奏団」が演奏します。1993年 大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門で第3位入賞、ヨーロッパで幅広く活躍しているこのアンサンブルは、ドイツの伝統的精神を受け継ぐ稀有な存在として評価されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。