ホーム > アルバム > 777494-2 L. グラス:交響曲第5番/幻想曲(シリニアン/ライン州立フィル/ライスキン)

L. グラス:交響曲第5番/幻想曲(シリニアン/ライン州立フィル/ライスキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777494-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルイ・グラス Louis Christian August Glass
アーティスト
マリアナ・シリニアン Marianna Shirinyan , ダニエル・ライスキン Daniel Raiskin , ライン州立フィルハーモニー管弦楽団 Rhine Philharmonic State Orchestra

L. グラス:交響曲第5番/幻想曲(シリニアン/ライン州立フィル/ライスキン)

GLASS, L.: Symphony No. 5 / Fantasy (Shirinyan, Rhine State Philharmonic Orchestra, Raiskin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777494-2

全トラック選択/解除

ルイ・グラス - Louis Christian August Glass (1864-1936)

**:**
交響曲第5番 ハ長調 「スヴァスティカ」 Op. 57

Symphony No. 5 in C Major, Op. 57, "Svastika"

録音: 25-27 June 2013, Rhein-Mosel-Halle, Koblenz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228163
**:**
»  I. Daily Toil
1.

-

**:**
»  II. Rest
2.

-

**:**
»  III. Shades
3.

-

**:**
»  IV. Dawn
4.

-

 
**:**
幻想曲 Op. 47
5.

Fantasy, Op. 47

録音: 1-2 July 2013, Rhein-Mosel-Halle, Koblenz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6228164
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/07/01
ニールセンと同じ時代に活躍したデンマークの作曲家、ルイ・グラス。しかし彼の音楽の源は北欧ではなく、留学先のブリュッセルで影響を受けたフランクとブルックナーでした。それゆえか、その作品も極めて重厚な響きを駆使したドイツ的な雰囲気を持つことで知られています。/スヴァスティカとは日本語で「吉祥=めでたい兆し」といった意味を持つサンスクリット語。「卍」の意味もあり、第二次世界大戦中は、この形を裏焼きしたものがナチス・ドイツの旗印として使われていました。良い意味でも悪い意味でも「象徴」であり、太陽や宇宙を顕すものでもあります。この言葉をタイトルにしているルイ・グラスの交響曲第5番は、やはり彼が影響を受けたとされる神智学の思想に基づいており、宇宙から世界を俯瞰するかのような粛々とした雰囲気に満ちています。「幻想曲」も同じく神智学の教えに基づいており、流麗でありながら、自身の内面を深く見つめるかのような神秘性を持った美しい曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。