ホーム > アルバム > 777500-2 プフィッツナー:歌劇「愛の園のばら」(ウェーバー/カヴェス/ケムニッツ州立歌劇場合唱団/ロベルト・シューマンフィル/ベールマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777500-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ハンス・プフィッツナー Hans Pfitzner
作詞家
ジェイムズ・グリュン James Grun
アーティスト
アストリッド・ウェーバー Astrid Weber , アンドレアス・キントシュフ Andreas Kindschuh , エリン・ケイヴス Erin Caves , ケムニッツ州立歌劇場合唱団 Chemnitz State Opera Chorus , ケムニッツ州立歌劇場児童合唱団 Chemnitz State Opera Children's Chorus , ヤーナ・ブフナー Jana Büchner , フランク・ベールマン Frank Beermann , ティーナ・ペンティネン Tiina Penttinen , アンドレ・リーマー André Riemer , コウタ・レセネン Kouta Räsänen , ロベルト・シューマン・フィルハーモニー Robert Schumann Philharmonie

プフィッツナー:歌劇「愛の園のばら」(ウェーバー/カヴェス/ケムニッツ州立歌劇場合唱団/ロベルト・シューマンフィル/ベールマン)

PFITZNER, H.: Rose vom Liebesgarten (Die) [Opera] (A. Weber, E. Caves, Chemnitz State Opera Choruses, Robert Schumann Philharmonie, Beermann)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777500-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ハンス・プフィッツナー - Hans Pfitzner (1869-1949)

**:**
歌劇「愛の園のばら」

Die Rose vom Liebesgarten

録音: 7-9 June 2009, Opernhaus Chemnitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5712790
**:**
»  Prologue
1.

-

**:**
»  Prologue: Eia hileia, Blüten wie glänzender Schnee (Girls, Master of Arms)
2.

-

**:**
»  Prologue: Und was ihr euch wünscht (Master of Song, Master of Arms)
3.

-

**:**
»  Prologue: Wir bieten Gruß, ihr starke Helden! (Master of Arms, Nobles, Master of Song)
4.

-

**:**
»  Prologue: König ohne Schwert und Brünne (Girls)
5.

-

**:**
»  Prologue: Dir, der Unberührbaren (Siegnot)
6.

-

**:**
»  Prologue: Des Volkes Lieb', des Volkes Treu' (Master of Arms, Nobles, Master of Song)
7.

-

**:**
»  Prologue: Wendet die Blicke nun (Master of Song, Master of Arms)
8.

-

**:**
»  Prologue: Heil! O Heil, o Wonne (Nobles, Master of Song, Master of Arms)
9.

-

Disc 2

ハンス・プフィッツナー - Hans Pfitzner (1869-1949)

**:**
歌劇「愛の園のばら」

Die Rose vom Liebesgarten

録音: 7-9 June 2009, Opernhaus Chemnitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5712790
**:**
»  Act I: Waldesrauschen weit und wogend (Siegnot)
1.

-

**:**
»  Act I: Schön, schön, da will ich geh'n (Bog Man, Siegnot)
2.

-

**:**
»  Act I: Minneleide ruft! Hörst du es, Nacht? (Minneleide)
3.

-

**:**
»  Act I: Sommerherrin, lachende Welle (Schwarzhilde, Rotelse, Minneleide, Siegnot)
4.

-

**:**
»  Act I: Wer ruft? (Minneleide, Siegnot)
5.

-

**:**
»  Act I: Es schlief die Erde in Wintersgewalt (Minneleide, Siegnot)
6.

-

**:**
»  Act I: Hier dürfen die Minnebeglückten wallen so ein wie aus (Siegnot)
7.

-

**:**
»  Act I: Schau, wie der Garten entgegen uns glüht (Siegnot, Minneleide)
8.

-

**:**
»  Act I: Fasst mir das Weib (Night Sorcerer, Minneleide, Siegnot)
9.

-

**:**
»  Act I: Äh! Äh! Du Schöner! Schläfst du Winterschlaf? (Bog Man, Siegnot)
10.

-

Disc 3

ハンス・プフィッツナー - Hans Pfitzner (1869-1949)

**:**
歌劇「愛の園のばら」

Die Rose vom Liebesgarten

録音: 7-9 June 2009, Opernhaus Chemnitz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5712790
**:**
»  Act II: Vorspiel - Da! Wunderers nächt'ger Schacht (Bog Man, Siegnot)
1.

-

**:**
»  Act II: Nacht und glimmernder Graus (Siegnot)
2.

-

**:**
»  Act II: Herrin! (Rotelse, Schwarzhilde, Minneleide, Siegnot, Night Sorcerer, Dwarves)
3.

-

**:**
»  Act II: Schon auferstanden? (Night Sorcerer, Dwarves, Siegnot, Minneleide, Rotelse, Schwarzhilde)
4.

-

**:**
»  Act II: He, Wächter! Was hast du errungen? (Night Sorcerer, Siegnot, Minneleide)
5.

-

**:**
»  Act II: Else! Schwarzhilde! Lebt ihr noch? Sagt! (Minneleide)
6.

-

**:**
»  Epilogue
7.

-

**:**
»  Epilogue: Weh' uns, weh! (Funeral Chorus, Minneleide)
8.

-

**:**
»  Epilogue: Leb' wohl nun Waldes Lust und Leid (Minneleide, Voices of Judgment, Voices of Grace)
9.

-

**:**
»  Epilogue: Die Schranke sinkt (Voices of Grace, Voices from the Universe)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/04/01
1901年、新進作曲家として活動を始めたばかりのプフィッツナーは、エルバーフェルトの歌劇場で歌劇《愛の園のばら》を初演しました。その頃に流行していた「おとぎ話風」のあらすじと、後期ロマン派の特徴である重厚な響きが聴衆の人気を獲得、何度か再演されているうちに、マーラー夫妻の目に留まり、1905年にはウィーン宮廷歌劇場でマーラーの指揮で上演され、レーガーやワルターもこの作品を絶賛。作曲家としての足掛かりをつかみます。しかし、作品自体はその後ほぼ忘れられてしまい、1998年にチューリヒ歌劇場でハイライトが上演された他は、上演された記録もほとんどありません。ようやく2008年になって「失われたロマン派歌劇の復刻」を積極的に行っているケムニッツ歌劇場が完全版を上演。代表作《パレストリーナ》とは違う、プフィッツナー初期のメルヘン・オペラが蘇りました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。