ホーム > アルバム > 777583-2 ステッファーニ/ヴィヴァルディ/ロッティ/D. スカルラッティ/マンチーニ/ボノンチーニ:イタリアの愛のカンタータ(ヴァエンテ/エポカ・バロッカ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777583-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , ドメニコ・スカルラッティ Domenico Scarlatti , アゴスティーノ・ステッファーニ Agostino Steffani , ジョヴァンニ・マリア・ボノンチーニ Giovanni Maria Bononcini , フランチェスコ・マンチーニ Francesco Mancini , アントニオ・ロッティ Antonio Lotti
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
シルヴィア・ヴァエンテ Silvia Vajente , エポカ・バロッカ Epoca Barocca

ステッファーニ/ヴィヴァルディ/ロッティ/D. スカルラッティ/マンチーニ/ボノンチーニ:イタリアの愛のカンタータ(ヴァエンテ/エポカ・バロッカ)

Cantatas - STEFFANI, A. / VIVALDI, A. / LOTTI, A. / SCARLATTI, D. / MANCINI, F. / BONONCINI, A.M. (Italian Love Cantatas) (Vajente)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777583-2

全トラック選択/解除

アゴスティーノ・ステッファーニ - Agostino Steffani (1654-1728)

**:**
「アムールよ、あなたの弓と矢で」(抜粋)

Spezza, Amor (Amor, break your bows) (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1935593
**:**
»  Aria: Spezza, Amor, l'arco e li strali (Amor, break your bows and arrows)
1.

-

**:**
»  Recitative: Così dicea Fileno (And so he spoke, Philenos)
2.

-

**:**
»  Aria: Zeffiretti placidetti (Soft Zephyr)
3.

-

**:**
»  Recitative: O ragion vuol che sia (Perhaps it is good the way it is)
4.

-

**:**
»  Aria: Fortuna crudele (Cruel Fortuna)
5.

-

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
「疑惑の陰に」 RV 678

All'ombra di sospetto, RV 678

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1935690
**:**
»  Recitative: All'om bra di sospetto
6.

-

**:**
»  Aria: Avezzo non e il core
7.

-

**:**
»  Recitative: O quanti amanti, o quanti
8.

-

**:**
»  Aria: Mentiti contenti
9.

-

アントニオ・ロッティ - Antonio Lotti (1666-1740)

**:**
「わかります、目隠しをした神よ」

Ti sento, o Dio bendato

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1935691
**:**
»  Aria: Ti sento, o Dio bendato
10.

-

**:**
»  Recitativo: Non rifiuto i tuoi dardi
11.

-

**:**
»  Aria: Fai soave il languir, caro l'affanno
12.

-

**:**
»  Aria: Vieni pur, ferischi in piaga
13.

-

ドメニコ・スカルラッティ - Domenico Scarlatti (1685-1757)

**:**
「私は復讐したい」

Di Fille vendicarmi vorrei

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1935692
**:**
»  Aria: Di Fille vendicarmi
14.

-

**:**
»  Recitative: Come puoi tanto
15.

-

**:**
»  Aria: Se gia mi saettasti
16.

-

フランチェスコ・マンチーニ - Francesco Mancini (1672-1737)

**:**
「この情熱はなんと甘いことか」

Quanto dolce e quell' ardore

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1935693
**:**
»  Aria: Quanto dolce e quell'ardore
17.

-

**:**
»  Recitativo: Purche a te sia vicina
18.

-

**:**
»  Aria: Aprimi il petto
19.

-

ジョヴァンニ・マリア・ボノンチーニ - Giovanni Maria Bononcini (1642-1678)

**:**
Idol mio bel tesoro

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1935694
**:**
»  Aria: Idol mio, mio bel tesoro
20.

-

**:**
»  Recitative: Cinto di pieno amore
21.

-

**:**
»  Aria: Io mi parto
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/05/21
カンタータというと、どうしても合唱主体の大きな編成の楽曲を思い浮かべるのですが、バロック時代のカンタータというのは多少意味合いが違いまして、室内オーケストラとソリストによる、どちらかというと「アリア」に近いもの。超絶技巧を駆使した声部はもちろんのこと、管楽器が重要な働きを持ち、とりわけオーボエは歌手のパートナーとして用いられることが多く、親密な「二重唱」を聴かせるのです。このカンタータはイタリアで多く書かれたのですが、その中でも4人の巨匠が手掛けた素晴らしい作品をお楽しみください。素晴らしい歌唱を聴かせるのは、バロック・ソプラノ歌手のヴァエンテ。表現力豊かで優しい響きを持つ彼女の声は、曲に込められた思いを存分に伝えます。バックを務めるエポカ・バロッカの扇情的な音色も聴きものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。