ホーム > アルバム > 777598-2 ヴェスターホフ:クラリネット協奏曲/協奏交響曲 変ホ長調(マンツ/ホルダー/オスナブリュック響/ボイマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777598-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
クリスティアン・ヴィルヘルム・ヴェスターホフ Christian Wilhelm Westerhoff
アーティスト
オスナブリュック交響楽団 Osnabrück Symphony Orchestra , ヘルマン・ボイマー Hermann Bäumer , アルブレヒト・ホルダー Albrecht Holder , セバスティアン・マンツ Sebastian Manz

ヴェスターホフ:クラリネット協奏曲/協奏交響曲 変ホ長調(マンツ/ホルダー/オスナブリュック響/ボイマー)

WESTERHOFF, C.W.: Clarinet Concerto / Simphonie concertante / Symphony in E-Flat Major (Manz, Holder, Osnabruck Symphony, Baumer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777598-2

全トラック選択/解除

クリスティアン・ヴィルヘルム・ヴェスターホフ - Christian Wilhelm Westerhoff (1763-1806)

**:**
クラリネット協奏曲 変ロ長調 Op. 5

Clarinet Concerto in B-Flat Major, Op. 5

録音: 17-22 May 2010, Stadthalle Osnabruck
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2276972
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

 
**:**
協奏交響曲 変ロ長調

Simphonie concertante in B-Flat Major

録音: 17-22 May 2010, Stadthalle Osnabruck
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2276973
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegretto
6.

-

 
**:**
交響曲 変ホ長調

Symphony in E-Flat Major

録音: 17-22 May 2010, Stadthalle Osnabruck
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2276974
**:**
»  I. Adagio - Poco presto
7.

-

**:**
»  II. Andante moto
8.

-

**:**
»  III. Allegretto
9.

-

**:**
»  IV. Presto
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/04/01
cpoレーベルならではの珍しい1枚。オスナブルックの知られざる作曲家、クリスチャン・ヴェスターホフの作品集です。モーツァルトと同時代に生まれた彼、早い時期からヴァイオリニストとコントラバス奏者として、近郊の裁判所の礼拝堂演奏家の地位を得ました。当時のオスナブルックは、数多くの小さな宮殿があり音楽家たちも思い思いの活動をしていて、ベントハイム=シュタインフルトの王子ルートヴィヒ・ヴィルヘルムもこの地で宮廷音楽を身に着けました。1790年頃、ヴェスターホフはこの礼拝堂を去り、何年かの旅の末、ビュッケブルクに定住。この地でバッハの息子J.C.F.バッハの後継者としてコンサートマスターの職を得て、「ビュッケブルクのバッハ」と呼ばれるようになります。彼の作品は、ディーター・クロッカーが数年前に演奏した「クラリネット協奏曲」くらいしか知られていませんでしたが、最近になって、ブルクシュタインフルトのコレクションから見つかり、今回の録音が実現したのです。演奏は若き奏者セバスチャン・マンツです。
レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2012/07/19
ヴェスターホフが昨日NMLに初登場しました。1763年オスナブリュック生まれのドイツ古典派の作曲家でヴァイオリニスト。23才からシュタインフルト城の宮廷楽士を4年務めた後ハーグ等へ演奏旅行。32才でビュッケブルクのシャウムブルク=リッペ伯の宮廷合奏長に。Op.5は1798年、協奏交響曲は1793年、交響曲は1800年の作品。父ハインリッヒも音楽家、兄フランツも作曲家でチェロ奏者でした。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。