ホーム > アルバム > 777630-2 ヴァインベルク:木管楽器のための室内楽作品集(バイアー/フックス/ヴィーゼ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777630-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ミェチスワフ・ヴァインベルク Mieczysław Weinberg
アーティスト
ヘンリク・ヴィーゼ Henrik Wiese , ニムロット・ゲツ Nimrod Guez , マティアス・バイアー Mathias Baier , ヴェンツェル・フックス Wenzel Fuchs , エリザヴェータ・ブルーミナ Elisaveta Blumina , ウータ・ユングヴィルト Uta Jungwirth

ヴァインベルク:木管楽器のための室内楽作品集(バイアー/フックス/ヴィーゼ)

WEINBERG, M.: Chamber Music for Winds (Baier, Fuchs, Wiese)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777630-2

全トラック選択/解除

ミェチスワフ・ヴァインベルク - Mieczysław Weinberg (1919-1996)

**:**
クラリネット・ソナタ Op. 28

Clarinet Sonata, Op. 28

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2179765
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

 
**:**
12の小品 Op. 29

12 Miniatures, Op. 29

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2179766
**:**
»  No. 1. Introduction: Maestoso
4.

-

**:**
»  No. 2. Arietta: Andante con moto
5.

-

**:**
»  No. 3. Burlesque: Allegro moderato
6.

-

**:**
»  No. 4. Capriccio: Marziale marcatissimo
7.

-

**:**
»  No. 5. Nocturne: Andantino
8.

-

**:**
»  No. 6. Waltz: Allegro molto
9.

-

**:**
»  No. 7. Ode: Largo
10.

-

**:**
»  No. 8. Duet: Andante tranquillo
11.

-

**:**
»  No. 9. Barcarole: Moderato comodo
12.

-

**:**
»  No. 10. Etude: Presto
13.

-

**:**
»  No. 11. Adagio
14.

-

**:**
»  No. 12. Pastorale: Allegretto
15.

-

 
**:**
ファゴット・ソナタ Op. 133

Bassoon Sonata, Op. 133

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2179767
**:**
»  I. —
16.

-

**:**
»  II. —
17.

-

**:**
»  III. —
18.

-

**:**
»  IV. —
19.

-

 
**:**
フルート、ヴィオラとハープのための三重奏曲 Op. 127

Trio for Flute, Viola and Harp, Op. 127

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2179768
**:**
»  I. —
20.

-

**:**
»  II. —
21.

-

**:**
»  III. —
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/04/01
最近、その作品の復興が盛んなポーランド=ロシアの作曲家ヴァインベルク、新しい作品も次々と発見され、更に世界的評価が高まっています。このアルバムでは比較的珍しい室内楽作品を4曲収録。比較的初期の作品であるクラリネット・ソナタは聴く機会もありますが、晩年の無伴奏ファゴット・ソナタや三重奏曲はほとんど知られていません。彼の作品は、よくショスタコーヴィチとの類似点が指摘されますが、実際にはもう少し抒情的な要素を持ち、また驚くほど感傷的な面も見えたりします。各々の楽器には高い技術が要求され(特にピアノ・パート)、演奏もなかなか困難ではありますが、ここで見事な統率力を見せるピアニストのブルミナを始めとする演奏家たちは、文句なしの名演を聴かせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。