ホーム > アルバム > 777647-2 シュレーカー:歌劇「ヘントの鍛冶屋」(大魔法オペラ)(ケムニッツ歌劇場合唱団/ロベルト・シューマン・フィル/ベールマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777647-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
フランツ・シュレーカー Franz Schreker
作詞家
フランツ・シュレーカー Franz Schreker
アーティスト
ユディト・クーン Judith Kuhn , ケムニッツ州立歌劇場合唱団 Chemnitz State Opera Chorus , ヴィクター・サワリー Victor Sawaley , オリヴァー・ツヴァルク Oliver Zwarg , ウンディーネ・ドライシヒ Undine Dreissig , フランク・ベールマン Frank Beermann , トビアス・メトガー Tobias Maethger , エドヴァルト・ランダル Edward Randall , アンドレ・リーマー André Riemer , ロベルト・シューマン・フィルハーモニー Robert Schumann Philharmonie

シュレーカー:歌劇「ヘントの鍛冶屋」(大魔法オペラ)(ケムニッツ歌劇場合唱団/ロベルト・シューマン・フィル/ベールマン)

SCHREKER, F.: Schmied von Gent (Der) [Opera] (Beermann)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777647-2

全トラック選択/解除

Disc 1

フランツ・シュレーカー - Franz Schreker (1878-1934)

**:**
歌劇「ヘントの鍛冶屋」(大魔法オペラ)

Der Schmied von Gent

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035765
**:**
»  Act I: Gibt's denn Trommeln, Tambourine, Pfeifen (Smee)
1.

-

**:**
»  Act I: Mein gnad'ger Herr, Don d'Avila lasst euch sagen (A Squire)
2.

-

**:**
»  Act I: Lieber Gott, das ist nicht schon von Dir (Frau)
3.

-

**:**
»  Act I: Gnad'ger Herr, habt Geduld mit Eurem Knecht (Simbroek)
4.

-

**:**
»  Act I: Nicht gerade ein Ehrenmann (First Noble)
5.

-

**:**
»  Act I: Auf diesen Arger (Slimbroek)
6.

-

**:**
»  Act I: Nun bin ich geracht (Smee)
7.

-

**:**
»  Act I: Was ist das fur ein Licht? (Smee)
8.

-

**:**
»  Act I: Mann, Smee - bist Du's (Frau)
9.

-

**:**
»  Act I: Da sieh, Smee! (Frau)
10.

-

**:**
»  Act I: Da - das ist zuviel (Frau)
11.

-

**:**
»  Act I: Lasse sie, es ist alles unser nach Recht und Fug (Smee)
12.

-

**:**
»  Act I: Ach, das ist ja wunderbar schon (Frau)
13.

-

**:**
»  Act I: Du hast uns gerufen, Meister (Flipke)
14.

-

**:**
»  Act II: Sieben Jarh hab'ich gegrubelt (Smee)
15.

-

**:**
»  Act II: Schöne Baum', draussen am Kai (Smee)
16.

-

**:**
»  Act II: Meister Schemied, unser Esel, sieh mal (Josef)
17.

-

Disc 2

フランツ・シュレーカー - Franz Schreker (1878-1934)

**:**
歌劇「ヘントの鍛冶屋」(大魔法オペラ)

Der Schmied von Gent

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035765
**:**
»  Act II: Frau, so komm doch! (Smee)
1.

-

**:**
»  Act II: Seht den Meister! (Chorus)
2.

-

**:**
»  Act II: Hast dein Bundel geschnurt, Smee? (Hessels)
3.

-

**:**
»  Act II: Doch - wat ist das? (Smee)
4.

-

**:**
»  Act II: Dacht' ich's doch! Hier haben sie ihn nicht abgewischt! (Smee)
5.

-

**:**
»  Act II: Smee! Erkennst Du mich, Smee? (Astarte)
6.

-

**:**
»  Act III: Mann, Smee, bist ja schlohweiss und alt! (Frau)
7.

-

**:**
»  Act III: Schliesset die Turen! (Hessels)
8.

-

**:**
»  Act III: Links oder rechts? (Smee)
9.

-

**:**
»  Act III: Wer bist du? (Petrus)
10.

-

**:**
»  Act III: Das ist schlimm. Wo soll ich nun hin? (Smee)
11.

-

**:**
»  Act III: Sieh da - Slimbroek! (Smee)
12.

-

**:**
»  Act II: Meister, treff ich euch hier? (Flipke)
13.

-

**:**
»  Act III: Seht, was dort kommt! (Slimbroek)
14.

-

**:**
»  Act III: Tritt ein, gute Frau! (Petrus)
15.

-

**:**
»  Act III: Mann, bist Du da? (Frau)
16.

-

**:**
»  Act III: Warum lasst Du Smee nicht ein (Josef)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
1929年、フランツ・シュレーカーは創造的危機の真っただ中にありました。それ以前の彼は1920年にベルリン高等音楽学校の校長に任命され、数多くの弟子を持ち、また彼のオペラも数多く上演されるなど、華々しい活躍をしていたにもかかわらずです。彼の成功に陰りが見えはじめたのは1923年の「狂える炎」の初演が賛否両論にわかれたこと、また1928年の「歌える悪魔」が失敗に終わったことあたりでしょう。当時の社会も反ユダヤの空気が蔓延しつつあり、出版社も彼のオペラの出版を拒否しました。聴衆が求めたものは、1922年に上演されたクルシェネクの「ジョニーは演奏する」のようなセンセーショナルな作品であり、シュレーカーが望んだメルヘンチックなものは受け入れがたかったのでしょう。それでもこのオペラは「全ての人のために」向けて書かれています。16世紀の東フランドル、鍛冶屋のスメーは力を失いますが、悪魔の契約によって再び力を得ます。7年後、契約によって地獄へ行くことになった彼ですが、実は"ある家族"の手伝いをしたことで、天国へと迎えられます。その家族とは、大工の父と、その妻、そして息子でした。シュレーカーは自身の音楽のパロディと、民謡を上手く取り入れた普遍的な音楽を付けています。シュレーカー復興がますます進むことはうれしい限りです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。