ホーム > アルバム > 777654-2 ニコライ:歌劇「追放された男」(バウアー/ベーゲマン/ベルヒトルト/ケムニッツ州立歌劇場合唱団/ロベルト・シューマン・フィル/ベールマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777654-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
オットー・ニコライ Otto Nicolai
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
マーティン・ガブラー Martin Gabler , ケムニッツ州立歌劇場合唱団 Chemnitz State Opera Chorus , ウーヴェ・スティッカート Uwe Stickert , ユリア・バウアー Julia Bauer , ハンス・クリフトフ・ベーゲマン Hans Christoph Begemann , フランク・ベールマン Frank Beermann , ベルンハルト・ベルヒトルト Bernhard Berchtold , ティーナ・ペンティネン Tiina Penttinen , アンドレ・リーマー André Riemer , コウタ・レセネン Kouta Räsänen , ロベルト・シューマン・フィルハーモニー Robert Schumann Philharmonie

ニコライ:歌劇「追放された男」(バウアー/ベーゲマン/ベルヒトルト/ケムニッツ州立歌劇場合唱団/ロベルト・シューマン・フィル/ベールマン)

NICOLAI, O.: Heimkehr des Verbannten (Die) [Opera] (Bauer, Begemann, Berchtold, Chemnitz State Opera Chorus, Robert Schumann Philharmonie, Beermann)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777654-2

全トラック選択/解除

Disc 1

オットー・ニコライ - Otto Nicolai (1810-1849)

**:**
歌劇「追放された男」

Die Heimkehr des Verbannten

録音: January - February 2011
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5180949
**:**
»  Act I: Overture
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Es tone lauter Festgesang (Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Komm, du geliebte Freundin! (Leonore)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Heil'ge Flamme (Leonore)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Bald wird Edmund hier erscheinen (Leonore, Irene, Georg, Edmund, Richard, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Freundlicher strahlt die Sonne (Chorus)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 3: O, du Geliebte (Leonore, Irene, Williams, Richard)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 3: So kommt zum Feste. Zum Feste! (Chorus)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Dank Dir, ewige Macht! (Artur)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Hoffnung belebt mich (Leonore, Artur)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Sieh, o Theure, mir in's Auge (Leonore, Artur)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Theure Gattin! (Leonore, Artur)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Sturmischer Freudentanz wogt in den Hallen (Chorus)
13.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Folgt mir, Herr (Williams, Richard, Georg, Edmund, Leonore, Artur, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act I Scene 6: So nehmt mich hin (Ensemble and Chorus)
15.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Ach lasst ihn frei! (Ensemble and Chorus)
16.

-

Disc 2

オットー・ニコライ - Otto Nicolai (1810-1849)

**:**
歌劇「追放された男」

Die Heimkehr des Verbannten

録音: January - February 2011
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5180949
**:**
»  Act II Scene 1: Unsel'ge Ahnung (Artur, Edmund)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Schöner in jenen Tagen (Artur, Edmund)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Ha, so seh' ich Euch erbleichen (Artur, Edmund)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Entfernet Euch (Leonore, Artur, Georg, Edmund, Richard)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Ihr habt mich verraten (Leonore, Artur, Georg, Edmund, Richard)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 2: O schönes Gluck, das ich ersehnte (Leonore, Artur, Georg, Edmund, Richard)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Norton! Du bist es (Edmund)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Verfehmt kehrt er in's Vaterland (Edmund)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Nacht ist still heraufgezogen (Georg, Chorus)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Schwer wohl mag das Herz sich trennen (Georg, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 4: So wisset dennn, der Zwietracht Funke (Georg, Chorus)
11.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Prelude
12.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Es ist gescheh'n (Leonore, Artur)
13.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Ach! diese einz'ge Schuld (Leonore)
14.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Nun fort! Mich rufet mein Geschick (Leonore, Edmund)
15.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Dieser Liebe holde Wonnen (Leonore, Edmund)
16.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Komm, folge mir (Leonore, Edmund)
17.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Warum schreckt euch … (Leonore, Edmund, Artur)
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/09/01
ドイツに生まれたオットー・ニコライは幼い頃から楽才を示しましたが、厳格な父親による「神童としての売り出し」に耐え切れず、16歳の時に親元を離れ、ベルリンに赴くことになります。最初は教会音楽を中心に学び、プロイセン大使館付きのオルガニストになりますが、オペラ作曲家を志し、ケルントナートーア劇場の楽長に就任、その後は1842年3月にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の前身である宮廷楽団員の自主演奏団体「フィルハーモニー・アカデミー」による最初の演奏会を催し、主にベートーヴェン作品を演奏して、ウィーンの音楽生活向上に貢献しました。そんなニコライ、現在では《ウィンザーの陽気な女房たち》の作曲家としてのみ知られていますが、他にも重要な作品を残しています。この《追放された男》はもともと1841年初演の「Il proscritto」というタイトルのイタリア語で書かれた作品ですが、3年後にドイツ語による改訂がなされ、ウィーンで上演されました。その後、ニコライはこの作品を再度改訂し、およそ半分を書き直し、亡くなる年の1849年に第3版をベルリンで上演しています。物語は1461年のイギリス。領主の夫が死んだと信じているレオノーレは、エドモンドと再婚の意思を固めますが、結婚式の前日に夫アーサーが戻るという悲劇が描かれます。ウェーバーの《魔弾の射手》からの影響が強く感じられる作品で、このケムニッツの舞台では1844年のウィーン版が採択されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。