ホーム > アルバム > 777655-2 リース:歌劇「盗賊の花嫁」(ツィーザク/ブロンデル/ケルン西ドイツ放送合唱団&交響楽団/グリフィス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777655-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
フェルディナント・リース Ferdinand Ries
作詞家
ゲオルク・ドリンク Georg Doring
アーティスト
クリスティアン・イムラー Christian Immler , コンスタンティン・ヴォルフ Konstantin Wolff , ヨッヘン・クプファー Jochen Kupfer , ハワード・グリフィス Howard Griffiths , ケルン西ドイツ放送合唱団 Cologne West German Radio Chorus , ケルン西ドイツ放送交響楽団 Cologne West German Radio Symphony Orchestra , ヨルク・フェリックス・シュペール Yorck Felix Speer , ディルク・シュミッツ Dirk Schmitz , ルート・ツィーザク Ruth Ziesak , トーマス・ブロンデル Thomas Blondelle , ユリア・ボルヒェルト Julia Borchert

リース:歌劇「盗賊の花嫁」(ツィーザク/ブロンデル/ケルン西ドイツ放送合唱団&交響楽団/グリフィス)

RIES, F.: Räuberbraut (Die) [Opera] (Ziesak, Blondelle, Cologne West German Radio Chorus and Symphony, Griffiths)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777655-2

全トラック選択/解除

Disc 1

フェルディナント・リース - Ferdinand Ries (1784-1838)

**:**
歌劇「盗賊の花嫁」 Op. 156

Die Rauberbraut, Op. 156

録音: 21-25 November 2011, Philharmonie Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3415939
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Introduction: Wilkommen zum Feste (Chorus, Anselmo, Gianettina, Graf)
2.

-

**:**
»  Act I: Duet: O Vater, nein! (Laura, Graf)
3.

-

**:**
»  Act I: Aria: Er ist entfloh'n! (Roberto, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: Recitative and Aria: Welche Qualen! (Laura)
5.

-

**:**
»  Act I: Marcia
6.

-

**:**
»  Act I: Duet: O Freund! (Fernando, Carlo, Chorus)
7.

-

**:**
»  Act I: Finale: Auf! die Turel nicht gezaudert (Fernando, Carlo, Graf, Robert, Pietro, Laura, Gianettina, Anselmo, Chorus)
8.

-

Disc 2

フェルディナント・リース - Ferdinand Ries (1784-1838)

**:**
歌劇「盗賊の花嫁」 Op. 156

Die Rauberbraut, Op. 156

録音: 21-25 November 2011, Philharmonie Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3415939
**:**
»  Act II: Introduction - Romance: Ach! dieses Hoffen (Laura)
1.

-

**:**
»  Act II: Trio: Dem Mann von Ehr' und Pflicht (Fernando, Gianettina, Laura)
2.

-

**:**
»  Act II: Recitative and Aria: War's maglich? (Fernando)
3.

-

**:**
»  Act II: Scene: Dein Stundlein hat geschlagen (Robert, Chorus, Laura, Fernando)
4.

-

**:**
»  Act II: Finale: Fernando gefangen? (Laura, Graf, Roberto, Fernando, Gianettina, Anselmo, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act III: Introduction
6.

-

**:**
»  Act III: Rauberlied: Frohlich, ohen Furcht und Beben (Chorus)
7.

-

**:**
»  Act III: Duet: Hie ist's! (Fernando, Laura)
8.

-

**:**
»  Act III: Finale: Entsetzliches Beginnen! (Laura, Roberto, Fernando, Chorus, Graf, Gianettina, Anselmo, Carlo)
9.

-

**:**
»  Dance: Allegro (appendix)
10.

-

**:**
»  Pas de trois: Bolero (appendix)
11.

-

**:**
»  Larghetto con moto (appendix)
12.

-

**:**
»  Allegretto (appendix)
13.

-

**:**
»  Allegro con fuoco (appendix)
14.

-

**:**
»  Tarantelle: Vivace (appendix)
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/10/01
フェルディナンド・リース(1784-1837)のオペラ「盗賊の花嫁」です。この作品、序曲やバレエ音楽などはしばしば演奏される機会もあるのですが、全曲演奏というのはほとんどなく、無論録音も目にすることはありません。この作品は1828年の作品で初演時に大好評を博しました。その後は瞬く間にヨーロッパ全土に広まり、リースにとっては初めてのオペラが「予期せぬ成功」をもたらしたのです。この作品、リースが単なるベートーヴェンの友人で模倣者ではなく、稀代のメロディメーカーであり、また見せ場の多いオペラを書けることを全ての聴衆が理解したであろう記念碑的なもので、その充実した内容と輝かしいアリア、アンサンブルは、ウェーバーの歌劇と比べても全く遜色のないものです。ルート・ツィーザクを始めとした力量のある歌手たちと、名手グリフィスが引き締まった演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。