ホーム > アルバム > 777671-2 ラーション:管弦楽作品集 1 - 交響曲第1番/冬物語/管弦楽のための音楽 Op. 40 (ヘルシンボリ響/マンゼ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777671-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ラーシュ=エーリク・ラーション Lars-Erik Larsson
アーティスト
ヘルシンボリ交響楽団 Helsingborg Symphony Orchestra , アンドルー・マンゼ Andrew Manze

ラーション:管弦楽作品集 1 - 交響曲第1番/冬物語/管弦楽のための音楽 Op. 40 (ヘルシンボリ響/マンゼ)

LARSSON, L.-E.: Orchestral Works, Vol. 1 - Symphony No. 1 / The Winter's Tale / Music for Orchestra, Op. 40 (Helsingborg Symphony, Manze)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777671-2

全トラック選択/解除

ラーシュ=エーリク・ラーション - Lars-Erik Larsson (1908-1986)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 Op. 2

Symphony No. 1 in D Major, Op. 2

録音: 24-28 January 2011, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3600779
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Scherzo
3.

-

**:**
»  IV. Finale
4.

-

 
**:**
冬物語 Op. 18

En vintersaga (The Winter's Tale), Op. 18

録音: 24-28 January 2011, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3600784
**:**
»  I. Siciliana
5.

-

**:**
»  II. Intermezzo
6.

-

**:**
»  III. Pastoral
7.

-

**:**
»  IV. Epilogue
8.

-

 
**:**
管弦楽のための音楽 Op. 40

Musik for orkester (Music for Orchestra), Op. 40

録音: 24-28 January 2011, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3600785
**:**
»  I. Andante teneramente - Tranquillo - Allegro molto
9.

-

**:**
»  II. Andante elegiaco
10.

-

**:**
»  III. Allegro
11.

-

 
**:**
パストラーレ
12.

Pastoral

録音: 24-28 January 2011, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3600786
 
**:**
抒情幻想曲 Op. 54
13.

Lyrisk fantasi (Lyric Fantasy), Op. 54

録音: 24-28 January 2011, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3600787
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/09/29
現代スウェーデンの代表的作曲家として知られるエリク=ラーション。とは言え、彼の作品は決して前衛そのものではなく、時として十二音の様式を用いたものの、どちらかというと後期ロマン派色が強いものでした。特にここで聴ける初期の「交響曲第1番」はシベリウスを思わせる牧歌的で美しい音楽です。ニ長調という調性にもよるのか、大いなる自然を賛美しているかのような重厚かつ若々しい第1楽章から、その熱き心がひしひしと伝わってくるかのようです。彼は作品によって作風を使い分けていたようで、1966年に作曲された「抒情組曲」でも、描かれている風景は変わることなくひたすら悠然とした美しさを保っています。マンゼとヘルシンボリ交響楽団のチームワークの良さは、ブラームスで証明済。ここでも美しい弦の調べに重点を置いた見事なアンサンブルを聴くことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。