ホーム > アルバム > 777672-2 ラーション:管弦楽作品集 2 - 交響曲第2番/管弦楽のための変奏曲/ロー=ロココ(ヘルシンボリ響/マンゼ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777672-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ラーシュ=エーリク・ラーション Lars-Erik Larsson
アーティスト
ヘルシンボリ交響楽団 Helsingborg Symphony Orchestra , アンドリュー・マンゼ Andrew Manze

ラーション:管弦楽作品集 2 - 交響曲第2番/管弦楽のための変奏曲/ロー=ロココ(ヘルシンボリ響/マンゼ)

LARSSON, L.-E.: Orchestral Works, Vol. 2 - Symphony No. 2 / Orchestral Variations / Råå-rokoko (Helsingborg Symphony, Manze)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777672-2

全トラック選択/解除

ラーシュ=エーリク・ラーション - Lars-Erik Larsson (1908-1986)

**:**
交響曲第2番 Op. 17

Symphony No. 2, Op. 17

録音: 4-8 April 2011, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4470425
**:**
»  I. Allegro con moto
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Ostinato: Moderato - Prestissimo - Lento
3.

-

 
**:**
管弦楽変奏曲 Op. 50
4.

Orchestral Variations, Op. 50

録音: 4-8 April 2011, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4470426
 
**:**
ロー=ロココ Op. 64

Raa-rokoko, Op. 64

録音: 4-8 April 2011, Konserthuset, Helsingborg, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4470427
**:**
»  I. Entrata
5.

-

**:**
»  II. Gavott
6.

-

**:**
»  III. Serenata
7.

-

**:**
»  IV. Menuett
8.

-

**:**
»  V. Barkarol
9.

-

**:**
»  VI. Kadrilj and Galop
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/09/01
スウェーデンを代表する作曲家、エリク=ラーション(1908-1986)の作品集第2集です。今回もアンドリュー・マンゼが指揮するヘルシンボリ交響楽団は、迫真の演奏でこの知られざる作曲家の本質に迫っていきます。第1番の交響曲は、ロマン派の雰囲気が漂う美しく牧歌的なものでしたが、この交響曲第2番は調性感はあるものの、タイトルからは明確な調性記号が外されるなど、彼が新しい様式を模索した様子が感じられます。とは言え、まだ12音などの前衛的な作風が使われているわけでもなく、極めて聴きやすく、またある種の民謡風な雰囲気も漂わせているのが微笑ましいところです。それに比べ、1962年に書かれた「管弦楽のための変奏曲」はまさに新古典主義の作風によるもので、なかなか厳しい音に彩られています。1973年作曲の組曲「ラロココ」はバロック風の様式によるちょっとユーモラスな作品で、若い頃の作品である「田園組曲」にも通じる趣きを有しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。