ホーム > アルバム > 777683-2 パヌフニク:管弦楽作品集 4 - 悲歌の交響曲/神聖な交響曲/交響曲第10番(ベルリン・コンツェルトハウス管/ボロヴィッツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777683-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アンジェイ・パヌフニク Andrzej Panufnik
アーティスト
ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団 Konzerthausorchester Berlin , ウカシュ・ボロヴィチ Łukasz Borowicz

パヌフニク:管弦楽作品集 4 - 悲歌の交響曲/神聖な交響曲/交響曲第10番(ベルリン・コンツェルトハウス管/ボロヴィッツ)

PANUFNIK, A.: Symphonic Works, Vol. 4 (Borowicz) - Nos. 2, "Sinfonia Elegiaca", 3, "Sinfonia sacra", 10

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777683-2

全トラック選択/解除

アンジェイ・パヌフニク - Andrzej Panufnik (1914-1991)

**:**
交響曲第2番 「悲歌の交響曲」

Symphony No. 2, "Sinfonia Elegiaca"

録音: 7-9 April 2010
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481546
**:**
»  Molto andante -
1.

-

**:**
»  Molto allegro -
2.

-

**:**
»  Molto andante
3.

-

 
**:**
交響曲第3番「神聖な交響曲」

Symphony No. 3, "Sinfonia sacra"

録音: 7–9 April 2010
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481547
**:**
»  Vision I: Maestoso -
4.

-

**:**
»  Vision II: Larghetto -
5.

-

**:**
»  Vision III: Allegro assai - Agitato -
6.

-

**:**
»  Hymn: Andante sostenuto - Maestoso
7.

-

 
**:**
交響曲第10番

Symphony No. 10

録音: 25, 26 October 2010
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481548
**:**
»  Largo -
8.

-

**:**
»  Allegro moderato -
9.

-

**:**
»  Presto -
10.

-

**:**
»  Adagio
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2011/08/01
ワルシャワで生まれ、パリ、ウィーンで学びロンドンで生涯を終えた作曲家パヌフニク(1914-1991)。cpoからは、これまでに3枚の管弦楽作品のリリースがあり、そのどれもが世界中で高い評価を受けています。今作は今までのポーランド放送管弦楽団ではなく、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団による演奏で、今までとは違った趣きが楽しめること間違いありません。交響曲第2番は1957年に書かれたもので、1942年のワルシャワ蜂起における犠牲者の為に書かれた鎮魂のための交響曲です。初期の作品ということもあり、まだまだ調性に支配されたどちらかというと古典的な作品です。第3番は最もよく演奏される曲で、宗教心と愛国心に満ち、現代的な響きの中に驚くほどの清冽な表情が見える特異なものです。1988年に作曲された第10番はシカゴ交響楽団の創立100周年とゲオルク・ショルティへのための委嘱作品で、凝縮された内容を持つ15分程度の短い交響曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。