ホーム > アルバム > 777686-2 パヌフニク:管弦楽作品集 7 - 天球の交響曲/ファゴット協奏曲/ランドスケープ(ベルリン・コンツェルトハウス管/ボロヴィッツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777686-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アンジェイ・パヌフニク Andrzej Panufnik
作詞家
フィリップ・シドニー Philip Sydney
アーティスト
サラ・ファン・デル・ケンプ Sarah van der Kemp , ミヒャエル・フォン・ショネルマーク Michael von Schonermark , ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団 Berlin Konzerthaus Orchestra , ポーランド放送交響楽団 Polish Radio Symphony Orchestra , ウカシュ・ボロヴィチ Łukasz Borowicz

パヌフニク:管弦楽作品集 7 - 天球の交響曲/ファゴット協奏曲/ランドスケープ(ベルリン・コンツェルトハウス管/ボロヴィッツ)

PANUFNIK, A.: Symphonic Works, Vol. 7 (Borowicz) - Sinfonia di sfere / Bassoon Concerto / Landscape

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777686-2

全トラック選択/解除

アンジェイ・パヌフニク - Andrzej Panufnik (1914-1991)

**:**
交響曲第5番 「空間の交響曲」

Symphony No. 5, "Sinfonia di sfere"

録音: 20 October-1 November 2012, Konzerthaus Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481413
**:**
»  I. Poco andante -
1.

-

**:**
»  II. Poco allegro -
2.

-

**:**
»  III. Poco andante -
3.

-

**:**
»  IV. Andante -
4.

-

**:**
»  IV. [31] -
5.

-

**:**
»  IV. [44] -
6.

-

**:**
»  V. Molto allegro -
7.

-

**:**
»  VI. Molto andante -
8.

-

**:**
»  VII. Molto allegro
9.

-

 
**:**
ファゴット協奏曲

Bassoon Concerto

録音: 30-31 January 2013, Konzerthaus Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481414
**:**
»  I. Prologo
10.

-

**:**
»  II. Recitativo I
11.

-

**:**
»  III. Recitativo II
12.

-

**:**
»  IV. Aria
13.

-

**:**
»  V. Epilogo
14.

-

 
**:**
愛の歌(声楽、ハープと弦楽オーケストラ版)
15.

Love Song (version for voice, harp and string orchestra)

録音: 20 October-1 November 2012, Konzerthaus Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481415
 
**:**
ランドスケープ
16.

Landscape

録音: 20 October-1 November 2012, Konzerthaus Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6481416
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/12/01
最近は娘であるロクサンナの作品の演奏機会も増え、ますます注目が高まるポーランド出身のアンジェイ・パヌフニク(1914-1991)の音楽。cpoレーベルは彼の作品を精力的にリリースしていて、どれもが高い評価を受けています。このアルバムは交響曲第5番を中心に、協奏曲、声楽曲とバランスの良い選曲が魅力。彼の最高傑作とも言われる交響曲第5番は「天球の交響曲(空間とも訳される)」と副題が付けられた作品で、常に挑戦的な不協和音が炸裂する強烈な部分と、暗黒を思わせる虚無の部分の対比が見事な音楽です。諧謔的とも思える「ファゴット協奏曲」、「なぜこんなに穏やかな?」と驚くような「愛の歌」、そして冬の草原を思わせる「情景」。この作曲家の多面性を強く感じさせる素晴らしい1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。