ホーム > アルバム > 777701-2 テレマン:ヴァイオリン協奏曲全集 6 (ウォルフィッシュ/ウォルフィッシュ・バンド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777701-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann
アーティスト
エリザベス・ウォルフィッシュ Elizabeth Wallfisch , ウォルフィッシュ・バンド Wallfisch Band, The

テレマン:ヴァイオリン協奏曲全集 6 (ウォルフィッシュ/ウォルフィッシュ・バンド)

TELEMANN, G.P.: Violin Concertos (Complete). Vol. 6 (Wallfisch, The Wallfisch Band)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777701-2

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
2つのヴァイオリン、ヴィオラとヴィオローネのための協奏曲 イ長調 TWV 40:200

Concerto for 2 Violins, Viola and Violone in A Major, TWV 40:200 (transposed to B-Flat Major)

録音: April 2011, Kirche La Baleine, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4825940
**:**
»  I. Affettuoso
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Vivace
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ短調 TWV 51:a1

Violin Concerto in A Minor, TWV 51:a1

録音: April 2011, Kirche La Baleine, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4825941
**:**
»  I. Adagio
4.

-

**:**
»  II. Allegro
5.

-

**:**
»  III. Presto
6.

-

 
**:**
序曲(組曲) ヘ長調 TWV 55:F13

Overture (Suite) in F Major, TWV 55:F13

録音: April 2011, Kirche La Baleine, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4825942
**:**
»  I. Overture
7.

-

**:**
»  II. Rejouissance
8.

-

**:**
»  III. Passepied
9.

-

**:**
»  IV. Allemande
10.

-

**:**
»  V. Courante
11.

-

**:**
»  VI. Menuet I-II
12.

-

**:**
»  VII. Gigue
13.

-

 
**:**
序曲(組曲) ロ短調 TWV 55:h4

Overture (Suite) in B Minor, TWV 55:h4

録音: April 2011, Kirche La Baleine, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4825943
**:**
»  I. Overture
14.

-

**:**
»  II. Gavotte
15.

-

**:**
»  III. Loure
16.

-

**:**
»  IV. Rejouissance: Tres viste
17.

-

**:**
»  V. La bravoure
18.

-

**:**
»  VI. Menuet I-II
19.

-

**:**
»  VII. Rodomontate
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/04/01
テレマン(1681-1767)の時代の協奏曲は、現在のような「独奏楽器とオーケストラ」のような形ではなく、いくつかの独奏楽器群と弦楽の掛け合いである「合奏協奏曲」の形式がほとんどでした。このアルバムでも、最初に置かれているのはもともと「ソナタ」として知られている通奏低音と複数の楽器による変ロ長調の作品で、テレマンのカタログでも室内楽として分類されています。しかし最近の研究ではこの作品は、合奏協奏曲から分かれたアンサンブルによって構成された「リピエーノ(独奏楽器群を表すコンチェルティーノの反対語で、独奏楽器群を支える役目を担う集団)」であると考えられ、協奏曲の分類に入れられるようになりました。他の3つの作品は明らかにヴァイオリンが活躍する協奏曲で、当時流行していたフランス序曲とイタリア協奏曲の双方の特徴を持つユニークで華やかな作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。