ホーム > アルバム > 777719-2 シューマン:交響曲 ト短調「ツヴィッカウ」/序曲、スケルツォとフィナーレ/序曲集(ロベルト・シューマン・フィル/ベールマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777719-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann
アーティスト
フランク・ベールマン Frank Beermann , ロベルト・シューマン・フィルハーモニー Robert Schumann Philharmonie

シューマン:交響曲 ト短調「ツヴィッカウ」/序曲、スケルツォとフィナーレ/序曲集(ロベルト・シューマン・フィル/ベールマン)

SCHUMANN, R.: Symphony in G Minor, "Zwickau" / Overture, Scherzo and Finale / Overtures (Robert Schumann Philharmonie, Beermann)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777719-2

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
序曲、スケルツォとフィナーレ Op. 52

Overture, Scherzo and Finale, Op. 52

録音: 19-22 September 2011, Lukaskirche Dresden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3451111
**:**
»  Overture: Andante con moto - Allegro
1.

-

**:**
»  Scherzo: Vivo
2.

-

**:**
»  Finale: Allegro molto vivace
3.

-

 
**:**
劇音楽「マンフレッド」 Op. 115 - 序曲
4.

Manfred, Op. 115: Overture

録音: 19-22 September 2011, Lukaskirche Dresden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3477081
 
**:**
序曲「ジュリアス・シーザー」 Op. 128
5.

Julius Caesar Overture, Op. 128

録音: 19-22 September 2011, Lukaskirche Dresden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3477082
 
**:**
序曲「ヘルマンとドロテア」 Op. 136
6.

Hermann and Dorothea, Op. 136

録音: 19-22 September 2011, Lukaskirche Dresden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3477083
 
**:**
交響曲 ト短調 「ツヴィッカウ」 Anhang A3 (M. ヴェントによる校訂版)

Symphony in G Minor, Anhang A3, "Zwickau" (critical edition by. M. Wendt)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3477084
**:**
»  I. Adagio - Allegro molto
7.

-

**:**
»  II. Andante quasi Allegretto - Intermezzo quasi Scherzo: Allegro assai
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/12/01
素晴らしい録音で聴くシューマン(1810-1856)のシリーズ第2弾です。以前交響曲全集(777365-2)できびきびとした演奏を聴かせたベールマン。今回は序曲集と、珍しい「ツヴィッカウ交響曲」の録音です。序曲は割合聴く機会もありますが、こちらの「ツヴィッカウ交響曲」は若きシューマンによる未完の作品で、1832年に着手され、ひとまず第1楽章を作曲初演、とは言え全く評判にならず、改訂を繰り返しながら第2楽章を書き終えるも、結局そのままお蔵入りになってしまったというもので、録音も数えるほかありません。このベールマンの演奏はマティアス・ヴェントによる校訂版を用いたもので、ゆったりとした序奏も削除することなくシューマンが構想した最初の形を見せてくれるものです。この作品の失敗後、シューマンはピアノ曲に力を注ぐことになるのです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。