ホーム > アルバム > 777721-2 アンドリーセン:管弦楽作品集 1 (オランダ響/ポルセライン)

アンドリーセン:管弦楽作品集 1 (オランダ響/ポルセライン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777721-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヘンドリク・アンドリーセン Hendrik Andriessen
アーティスト
オランダ交響楽団 Netherlands Symphony Orchestra , ダーヴィッド・ポルセライン David Porcelijn

アンドリーセン:管弦楽作品集 1 (オランダ響/ポルセライン)

ANDRIESSEN, H.: Symphonic Works, Vol. 1 (Netherlands Symphony, Porcelijn)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777721-2

全トラック選択/解除

ヘンドリク・アンドリーセン - Hendrik Andriessen (1892-1981)

**:**
交響曲第1番

Symphony No. 1

録音: 28 June-1 July 2011, Enschede Muziekzentrum, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2630916
**:**
»  I. Lento - Allegro moderato, ma marcato
1.

-

**:**
»  II. Andante tranquillo - Allegretto grazioso - Andante tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Allegro agitato
3.

-

 
**:**
バレエ組曲

Ballet suite

録音: 28 June-1 July 2011, Enschede Muziekzentrum, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2636126
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
4.

-

**:**
»  II. Leggiero e grazioso
5.

-

**:**
»  III. Allegro ma non troppo
6.

-

 
**:**
交響的練習曲
7.

Symphonische Etude

録音: 28 June-1 July 2011, Enschede Muziekzentrum, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2636127
 
**:**
クーナウの主題による変奏曲とフーガ

Variations and Fugue on a Theme by Kuhnau

録音: 28 June-1 July 2011, Enschede Muziekzentrum, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2636128
**:**
»  Theme: Moderato
8.

-

**:**
»  Variation 1: Grazioso ma tranquillo
9.

-

**:**
»  Variation 2: Allegro con spirito
10.

-

**:**
»  Variation 3: Molto moderato e espressivo
11.

-

**:**
»  Variation 4: Sostenuto e espressivo
12.

-

**:**
»  Variation 5: Grave e appassionato
13.

-

**:**
»  Fuga: Allegretto con eleganza
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/11/01
ヘンドリク・アンドリーセン(1892-1981)はオランダの作曲家、オルガン奏者です。即興演奏の巧みさで知られ、オランダのカトリック典礼音楽を一新した人でもあります。しかし、実はとても多彩な作曲家であり、その作品もオルガン曲だけに留まらず、ここで聴ける交響曲や管弦楽曲など注目すべきものが数多くあります。交響曲第1番は1930年10月1日にエドゥアルト・ファン・ベイヌム指揮のハールレム管弦楽団によって初演され、その2年後にはアンドリーセン自身が同じオーケストラを指揮して演奏するなど注目を浴びた作品です。緻密な構成と調和のとれたメロディに才能の閃きが感じられます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。