ホーム > アルバム > 777735-2 ブルックナー:交響曲第2番(ノーザン・シンフォニア/ヴェンツァーゴ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777735-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
アーティスト
マリオ・ヴェンツァーゴ Mario Venzago , ノーザン・シンフォニア Northern Sinfonia

ブルックナー:交響曲第2番(ノーザン・シンフォニア/ヴェンツァーゴ)

BRUCKNER, A.: Symphony No. 2 (Northern Sinfonia, Venzago)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777735-2

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
交響曲第2番 ハ短調 WAB 102 (1877年稿・ハース版)

Symphony No. 2 in C Minor, WAB 102 (1877 version, ed. R. Haas)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2179586
**:**
»  I. Allegro: Ziemlich schnell
1.

-

**:**
»  II. Andante: Feierlich, etwas bewegt
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Schnell
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Mehr schnell
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/04/01
ヴェンツァーゴの魅力あふれる「ブルックナー交響曲ツィクルス」の第3弾です。今作はあまり演奏機会の多くない第2番で、「曲のスケールに合わせてオーケストラを選択する」というコンセプトを踏襲するヴェンツァーゴは、比較的規模の小さいノーザン・シンフォニアを選びました。ノーザン・シンフォニアは1958年に創立されたイギリス・イングランド北部のニューカッスル・アポン・タイン近郊のゲイツゲッド市にある室内オーケストラで、I.フィッシャー、R.ヒコックス、H.シフらが歴代の指揮を務め、現在はヴァイオリニストのトーマス・ツェトマイアーが音楽監督を務めてます。このエキサイティングかつ革新的なオーケストラからヴェンツァーゴは極めて精緻な響きを引き出すことに成功しました。
レビュアー: sammy 投稿日:2014/03/12
ビブラートを抑えた躍動感のある小気味よい、時に大胆な緩急をつけた実に意欲的で新鮮な演奏で、同じ小編成の演奏でもダウスゴー/スウェーデン室内管のきりっと端正な演奏と比べてかなり起伏のあるしなやかさとダイナミックさの印象が残ります。早いパッセージの疾走感が心地よく、他方でしみじみとした部分の澄み切ったみずみずしさも格別と感じました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。