ホーム > アルバム > 777747-2 J. シュトラウスII:喜歌劇「メトゥザレムの王子」(ドレスデン州立オペレッタ管/タイス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777747-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
ヨハン・シュトラウスII世 Johann Strauss II
作詞家
A・ダラクール A. Delacour , カール・トロイマン Karl Treumann , ヴィクター・ワイルダー Victor Wilder
アーティスト
エルマー・アンドレー Elmar Andree , ゲルト・ヴィーマー Gerd Wiemer , フランク・エルンスト Frank Ernst , ジェシカ・グラット Jessica Glatte , クリスティアン・グリガス Christian Grygas , アンドレアス・ザウアーツァップ Andreas Sauerzapf , イザベル・シュミット Isabel Schmitt , エルンスト・タイス Ernst Theis , ドレスデン国立歌劇場合唱団 Dresden State Opera Chorus , ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 Dresden State Opera Orchestra , ヤーナ・フライ Jana Frey , Frank Oberuber

J. シュトラウスII:喜歌劇「メトゥザレムの王子」(ドレスデン州立オペレッタ管/タイス)

STRAUSS II, J.: Prinz Methusalem [Operetta] (Theis)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777747-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨハン・シュトラウスII世 - Johann Strauss II (1825-1899)

**:**
喜歌劇「メトゥザレムの王子」

Prinz Methusalem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2181795
**:**
»  Ouverture
1.

-

**:**
»  Act I: Introduction: Hoch das junge Paar! (Dirigatius, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I: Dialogue
3.

-

**:**
»  Act I: Aria: Das Geld ganz alleine … Einst wollte ich als Wunderkind (Trombonius, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: Dialogue
5.

-

**:**
»  Act I: Aria: Ach Papa die schönen Kleider (Pulcinella, Sigismund, Trombonius, Vulcanio, Carbonazzi)
6.

-

**:**
»  Act I: Dialogue
7.

-

**:**
»  Act I: Der ganze Hof versammelt sich … Ich danke sehr … Mein Vater hat mir gestern streng befohlen (Chorus, Cyprian, Sigismund, Pulcinella, Methusalem)
8.

-

**:**
»  Act I: Dialogue
9.

-

**:**
»  Act I: Duet: Zum ersten Mal mit dir allein (Methusalem, Pulcinella)
10.

-

**:**
»  Act I: Dialogue
11.

-

**:**
»  Act I: Ihr lieben Zecher (Cyprian, Pulcinella, Sophistika, Methusalem, Sigismund, Vulcanio, Carbonazzi, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act I: Dialogue
13.

-

**:**
»  Act I: Finale (Chorus)
14.

-

Disc 2

ヨハン・シュトラウスII世 - Johann Strauss II (1825-1899)

**:**
喜歌劇「メトゥザレムの王子」

Prinz Methusalem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2181795
**:**
»  Act II: Steuerzahler, euer Geld (Chorus)
1.

-

**:**
»  Act II: Dialogue
2.

-

**:**
»  Act II: Quintet: Ich wollte immer (Trombonius, Feuerstein, Mandelbaum, Dirigatius, Vulcanio)
3.

-

**:**
»  Act II: Duet: Holde Nacht verweile (Pulcinella, Methusalem)
4.

-

**:**
»  Act II: Dialogue
5.

-

**:**
»  Act II: Romanze: Wie sollte ich ihm widerstehen (Pulcinella, Sigismund)
6.

-

**:**
»  Act II: Dialogue
7.

-

**:**
»  Act II: Es schrieb mit wahrer Meisterschaft … Das Tupferl auf dem I (Sigismund, Chorus)
8.

-

**:**
»  Act II: Dialogue
9.

-

**:**
»  Act II: Finale: Revolution im Lande (Chorus)
10.

-

**:**
»  Act III: Soldaten begehen Heldentaten (Chorus)
11.

-

**:**
»  Act III: Der Kunstler, der die Freiheit liebt (Dirigatius, Vulcanio, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act III: Dialogue
13.

-

**:**
»  Act III: Duet: Leute hort die Sensationsgeschichte (Sophistika, Cyprian)
14.

-

**:**
»  Act III: Dialogue
15.

-

**:**
»  Act III: Duet: Volkes Wille soll gescheh'n (Dirigatius, Trombonius, Chorus)
16.

-

**:**
»  Act III: Dialogue
17.

-

**:**
»  Act III: Ich werd General (Methusalem, Chorus)
18.

-

**:**
»  Act III: Dialogue
19.

-

**:**
»  Act III: O Du mein Freudenstrahl (Pulcinella, Methusalem)
20.

-

**:**
»  Act III: Dialogue
21.

-

**:**
»  Act III: Finale: Hoch Cyprian (Chorus)
22.

-

 
**:**
喜歌劇「メトゥザレムの王子」(抜粋)

Prinz Methusalem (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2181796
**:**
»  Act II: Duet: Holde Nacht verweile (Pulcinella, Methusalem)
23.

-

**:**
»  Act III: O Du mein Freudenstrahl (Pulcinella, Methusalem)
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/04/01
1874年、ヨハン・シュトラウスとその妻イェッティはパリに滞在し、その地でオッフェンバックの作品について検討していました。彼の見込みによると、「もうオッフェンバックの時代は終わった」と断言してはみたものの、ウィーンで上演予定の新しいオペレッタの台本は、どうみても「オッフェンバック風」のものだったのです。シュトラウス自身は、この台本について、前述の理由から懐疑心を抱いたものの、付けたメロディは極上のものだったためか、1877年のカール劇場での初演時には大成功を収め、公演回数は80回を超えたといいます。
小競り合いを繰り返している小さな2つの国が同盟を結ぶために、領主の娘と息子が結婚させられることになります。政略結婚はしたくないと嘆く娘のために、大掛かりな仕掛けをする一方の国の領主。しかしその意に反し、結婚相手であるメトゥサレムを一目みた娘は、そのとりこになってしまいます。「おいおい、話が違うじゃないか」と慌てる父。何しろ、実は相手国の領主の妻に片思いしていたからです・・・。最後はハッピーエンドで終わる物語で、シュトラウスらしく人々の心の機微を絶妙に描いています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。