ホーム > アルバム > 777796-2 ファル:喜歌劇「いとしい弟」(クラッベ/ベーニヒ/ロイダー/フライベルク/ケルン西ドイツ放送合唱団&交響楽団/コーバー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777796-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
レオ・ファル Leo Fall
作詞家
ユリウス・ヴィルヘルム Julius Wilhelm
アーティスト
アンケ・クラッベ Anke Krabbe , ケルン西ドイツ放送合唱団 Cologne West German Radio Chorus , ケルン西ドイツ放送交響楽団 Cologne West German Radio Symphony Orchestra , アクセル・コーバー Axel Kober , ミヒャエル・フライベルク Michael Freiberg , アンドレア・ベーニヒ Andrea Bonig , マイケル・ロイダー Michael Roider

ファル:喜歌劇「いとしい弟」(クラッベ/ベーニヒ/ロイダー/フライベルク/ケルン西ドイツ放送合唱団&交響楽団/コーバー)

FALL, L.: Brüderlein fein [Operetta] (Krabbe, Bönig, Roider, Freiberg, Cologne West German Radio Chorus and Symphony, Kober)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777796-2

全トラック選択/解除

レオ・ファル - Leo Fall (1873-1925)

**:**
喜歌劇「いとしい弟」

Brüderlein fein

録音: 13-16 March 2012, Köln Philharmonie, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5941006
**:**
»  Musical prologue
1.

-

**:**
»  Dialogue: Wir schreiben das Jahr 1890 (Narrator)
2.

-

**:**
»  Duet and Song: O schau, o schau! (Tony Drechsler, Gertrud)
3.

-

**:**
»  Dialogue: Und freust Du dich denn gar net (Narrator)
4.

-

**:**
»  Duet: Kannst dich noch erinnern, Weiberl? (Tony Drechsler, Josef Drechsler)
5.

-

**:**
»  Spiel auf der goldenen Fiedel (Gertrud)
6.

-

**:**
»  Dialogue: Ein seltsamer Gast (Narrator)
7.

-

**:**
»  Hoch sollen sie leben (Chorus)
8.

-

**:**
»  Bühnenmusik
9.

-

**:**
»  Dialogue: Es kommt mir alles wie im Traum vor (Narrator)
10.

-

**:**
»  Duet: Frau Drechsler, Herr Drechsler, ich bitt' um die Ehr (Speaker)
11.

-

**:**
»  Dialogue: Frau Drechsler, darf ich bitten (Narrator)
12.

-

**:**
»  Auf dem Violon von Gold (Gertrud)
13.

-

**:**
»  Jetzt bin ich noch Mädchen (Tony Drechsler)
14.

-

**:**
»  Dialog: Gut hab ich g'schlafen (Narrator)
15.

-

**:**
»  Duet and Finale: Kannst dich noch daran erinnern? (Tony Drechsler, Josef Drechsler)
16.

-

**:**
»  Walzer Leben und Lieben
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/05/01
オーストリアの作曲家レオ・ファルはオペレッタ全盛期に活躍、いくつかの正統派オペラも書いたものの、代表作は《かわいいアウグスティン》を始めとした一連のオペレッタです。cpoレーベルは2017年にこの《兄弟の争い》をリリースし、2018年は名作《ドルの女王》をリリースする予定があり、ファル作品の復興に力を注ぎます。この《兄弟の争い》はビーダーマイヤー(ウィーンの中流階級)の兄弟の争いを描いた作品で、オーストリア民謡「いとしい弟よ」が効果的に用いられており、甘く美しいメロディが盛りだくさん。1幕仕立ての肩の凝らない楽しい作品です。         

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。