ホーム > アルバム > 777800-2 ワーグナー:ピアノ・ソナタ集/歌曲集(コッホ/ペーター/シェーネ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777800-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 器楽曲
作曲家
リヒャルト・ワーグナー Richard Wagner
作詞家
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe
アーティスト
トビアス・コッホ Tobias Koch , ペーター・シェーネ Peter Schöne , マグダレーナ・ヒンターフドブラー Magdalena Hinterdobler , マウロ・ペーター Mauro Peter , Munich High School for Music Madrigal Choir

ワーグナー:ピアノ・ソナタ集/歌曲集(コッホ/ペーター/シェーネ)

WAGNER, R.: Piano Sonatas / Lieder (Koch, Peter, Schöne)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777800-2

全トラック選択/解除

リヒャルト・ワーグナー - Richard Wagner (1813-1883)

**:**
ピアノ・ソナタ イ長調 「大ソナタ」

Piano Sonata in A Major, Op. 4, "Grosse Sonate"

録音: 20–22 January 2013, Bayerischer Rundfunk, Munchen, Studio 2, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3130593
**:**
»  I. Allegro con moto
1.

-

**:**
»  II. Adagio molto ed assai espressivo
2.

-

**:**
»  III. Maestoso - Allegro
3.

-

 
**:**
ゲーテのファウストのための7つの曲 Op. 5

7 Pieces for Goethe's Faust

録音: 20–22 January 2013, Bayerischer Rundfunk, Munchen, Studio 2, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3130594
**:**
»  No. 1. Lied der Soldaten
4.

-

**:**
»  No. 2. Bauer unter der Linde
5.

-

**:**
»  No. 3. Branders Lied
6.

-

**:**
»  No. 4. Lied des Mephistopheles ('Es war einmal ein Konig')
7.

-

**:**
»  No. 5. Lied des Mephistopheles ('Was machst du mir vor Liebchens Tur')
8.

-

**:**
»  No. 6. Gretchen am Spinnrade
9.

-

**:**
»  No. 7. Melodram
10.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ 変ロ長調

Piano Sonata in B-Flat Major, Op. 1

録音: 20–22 January 2013, Bayerischer Rundfunk, Munchen, Studio 2, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3130595
**:**
»  I. Allegro con brio
11.

-

**:**
»  II. Largetto
12.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegro
13.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro vivace
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/06/01
2013年はワーグナー(1813-1883)の生誕200年の記念年であり、多くのレーベルからワーグナーの知られざる作品がリリースされ、今までとは違ったイメージが付け加えられるようになってきました。このアルバムもそんな1枚であり、あまり聴く機会のない2つのピアノ・ソナタと、これまた珍しい「ゲーテのファウストのための7つの歌」を収録しています。Op.1のソナタは1831年、Op.4のソナタは1832年の作品であり、ベートーヴェンなど先人の影響が強く感じられますが、そこはワーグナー。1年間の成長は著しかったようで、この2曲をほんの少し聞き比べただけでも、その違いは即座にわかるのではないでしょうか。「ファウストのための7つの歌」も同時期の作品で、彼がずっと念頭に置いていた"ファウストの物語"が美しいカンタータとして成就したものです。やはりベートーヴェンの香りも漂っていますが、時にはっとするほどワーグナー風味の音楽が出現。この驚きは新鮮な感動を齎すことでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。