ホーム > アルバム > 777803-2 ミツラー:歌曲とオード集(メルテンス/ルーベンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777803-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ロレンツ・クリストフ・ミツラー Lorenz Christoph Mizler
作詞家
イェルク・クリスティアン・ギュンター Johann Christian Gunther , ロレンツ・クリストフ・ミツラー Lorenz Christoph Mizler , Ludwig Friedrich Hudemann , Johann Friedrich May , Daniel Triller
アーティスト
マヤ・アムライン Maya Amrein , クラウス・メルテンス Klaus Mertens , シビラ・ルーベンス Sibylla Rubens , ルドルフ・ルッツ Rudolf Lutz

ミツラー:歌曲とオード集(メルテンス/ルーベンス)

MIZLER, L.C.: Lieder und Oden (Mertens, Rubens)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777803-2

全トラック選択/解除

ロレンツ・クリストフ・ミツラー - Lorenz Christoph Mizler (1711-1778)

**:**
歌とオード集 第1巻(抜粋)

Lieder und Oden, Book 1 (excerpts)

録音: 11-12 January 2013, Refektorium Heilsbronn, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3124635
**:**
»  No. 2. Dass die Freiheit besser sei, als wenn man sich verliebt
1.

-

**:**
»  No. 5. Die Zufriedenheit
2.

-

**:**
»  No. 6. Die ungluckliche Liebe
3.

-

**:**
»  No. 5. Von der Selbstzufriedenheit
4.

-

**:**
»  No. 9. Das Lob der edlen Freiheit
5.

-

**:**
»  No. 22. Als er im Lieben vorsichtig sein wollte
6.

-

**:**
»  No. 23. Soldatenlied
7.

-

**:**
»  No. 24. Lob der Musik
8.

-

 
**:**
歌とオード集 第2巻(抜粋)

Lieder und Oden, Book 2 (excerpts)

録音: 11-12 January 2013, Refektorium Heilsbronn, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3124660
**:**
»  No. 1. Kurzer Begriff eines gluckseligen Lebens
9.

-

**:**
»  No. 13. Die Gelassenheit
10.

-

**:**
»  No. 14. Die Mittelmasigkeit
11.

-

**:**
»  No. 17. Die Bildhauerkunst
12.

-

**:**
»  No. 18. Ein guter Freund, das beste Vargnugen
13.

-

**:**
»  No. 19. Schweigen und Hoffen
14.

-

**:**
»  No. 24. Die verworfne Liebe
15.

-

 
**:**
歌とオード集 第3巻(抜粋)

Lieder und Oden, Book 3 (excerpts)

録音: 11-12 January 2013, Refektorium Heilsbronn, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3124661
**:**
»  No. 9. An Margis
16.

-

**:**
»  No. 12. An Colestinen
17.

-

**:**
»  No. 15. An Florabellen
18.

-

**:**
»  No. 16. Als er sich endlich wagte
19.

-

**:**
»  No. 17. Als er das, was er liebte
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/06/01
ローレンツ・クリストフ・ミツラー(1711-1778)はJ.S.バッハの弟子であり、ライプツィヒ大学の教授でもあり、また数学者としても高名な才人でした。1738年に音楽学術交流協会を設立し当時の著名な作曲家たちが次々入会し、(テレマン、ヘンデルも入会、バッハも14番目の会員となった)、1年に一度、音楽を理論的に考察するなどの活動を行っていました。その後はエアフルト大学で医学を学び、ワルシャワで宮廷医となるなど異色の経歴を持っています。そんなミツラー、様々な活動は知られているのですが、実際の音楽はほとんど演奏される機会を持っていません。今回のリリースは、バイエルン放送との共同制作であり、これらの曲の楽譜の出版も予定されるなど、この多才な人物を再評価する足掛かりとなることは間違いありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。