ホーム > アルバム > 777814-2 サッリネン:ピアノ三重奏曲/チェロ・ソナタ/「白鳥の歌」より(ヴァハラ/ノラス/ゴトーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777814-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アウリス・サッリネン Aulis Sallinen
アーティスト
エリナ・ヴァハラ Elina Vähälä , ラルフ・ゴトーニ Ralf Gothóni , アルト・ノラス Arto Noras

サッリネン:ピアノ三重奏曲/チェロ・ソナタ/「白鳥の歌」より(ヴァハラ/ノラス/ゴトーニ)

SALLINEN, A.: Piano Trio / Cello Sonata / From a Swan Song (Vähälä, Noras, Gothóni)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777814-2

全トラック選択/解除

アウリス・サッリネン - Aulis Sallinen (1935-)

**:**
チェロ・ソナタ Op. 86

Cello Sonata, Op. 86

録音: February 2010, Naantali
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3986096
**:**
»  I. Barcarole, con variazione
1.

-

**:**
»  II. Serenata
2.

-

**:**
»  III. Scherzo, quasi l'ultimo tango
3.

-

**:**
»  IV. Il modo grave e lirico - Epilogo
4.

-

 
**:**
白鳥の歌から Op. 67
5.

From a Swan Song, Op. 67

録音: February 2010, Naantali
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3986101
 
**:**
ピアノ三重奏曲 Op. 96
6.

Piano Trio, Op. 96

録音: February 2010, Naantali
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3986102
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/12/01
アリウス・サッリネン(1935-)はフィンランドの作曲家です。彼の作品は現代にあっても、調性感を失うことなく、抒情性を追求しながら新しいセンスを盛り込んだもので、不思議な親しみやすさがあるものです。彼は特にチェロの音色を愛していて、室内楽作品には、かなりの割合でチェロの音色が使われています。このアルバムの3つの作品もチェロが含まれており、彼のチェロに対する思いが伝わるのではないでしょうか。ここでキーとなるチェロを演奏しているのは名手アルト・ノラス。時には優しく、時には劇的にサッリネンの世界を表現しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。