ホーム > アルバム > 777815-2 ミレッカー:喜歌劇「ガスパローネ」(ポルトマン/ジステラー/マルティン/エルンスト/フランツ・レハール管/ブルケルト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777815-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
カール・ミレッカー Carl Millöcker
作詞家
リヒャルト・ジュネー Richard Genée , F・ゼル F. Zell
アーティスト
ゲルハルト・エルンスト Gerhard Ernst , ヴォルフガング・ゲロルト Wolfgang Gerold , トマシュ・コヴァチッチ Tomaž Kovačič , トーマス・ジステラー Thomas Zisterer , ドロレス・シュミディンガー Dolores Schmidinger , バート・イシュル・レハール祝祭合唱団 Bad Ischl Lehár Festival Choir , フランツ・レハール管弦楽団 Franz Lehár Orchestra , マリウス・ブルケルト Marius Burkert , リタ・ペテルル Rita Peterl , ミリアム・ポートマン Miriam Portmann , ロマン・マルティン Roman Martin , Thomas Malik , Melanie Schneider , Claudiu Sola , Jennifer Treusch

ミレッカー:喜歌劇「ガスパローネ」(ポルトマン/ジステラー/マルティン/エルンスト/フランツ・レハール管/ブルケルト)

MILLÖCKER, K.: Gasparone [Operetta] (Portmann, Zisterer, Martin, Ernst, Franz Lehár Orchestra, Burkert)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777815-2

全トラック選択/解除

Disc 1

カール・ミレッカー - Carl Millöcker (1842-1899)

**:**
喜歌劇「ガスパローネ」

Gasparone

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3771625
**:**
»  Act I: Introduction
1.

-

**:**
»  Act I: Wi-hu (Benozzo, Massaccio, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I: Scene: Wieder eine Ladung (Benozzo, Massaccio, Erminio)
3.

-

**:**
»  Act I: Erscheinen wir (Nasoni, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: Scene: Wirtschaft (Nasoni, Sora, Benozzo)
5.

-

**:**
»  Act I: Da ist sie (Carlotta, Sora, Benozzo, Massaccio, Nasoni, Erminio, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act I: Scene: Ein schöner Mann (Sora, Carlotta, Nasoni)
7.

-

**:**
»  Act I: Abgang
8.

-

**:**
»  Act I: Scene: Teure Carlotta (Nasoni, Carlotta, Zenobia)
9.

-

**:**
»  Act I: Scene: Wenn diese Heirat (Nasoni, Sindulfo)
10.

-

**:**
»  Act I: Scene: Ja die Liebe (Erminio)
11.

-

**:**
»  Act I: Duet: Wie freu'ich mich (Carlotta, Erminio)
12.

-

**:**
»  Act I: Scene: Was soll das bedeuten? (Carlotta)
13.

-

**:**
»  Act I Finale: Hort von fern (Carlotta, Sora, Zenobia, Benozzo, Massaccio, Erminio, Luigi, Nasoni, Chorus)
14.

-

Disc 2

カール・ミレッカー - Carl Millöcker (1842-1899)

**:**
喜歌劇「ガスパローネ」

Gasparone

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3771625
**:**
»  Act II: Entr'Acte
1.

-

**:**
»  Act II: Scene: Wie geht es der Frau Grafin? (Marietta, Sora, Zenobia, Carlotta)
2.

-

**:**
»  Act II: Couplet: Ja, ja, er ist nicht ohne (Zenobia)
3.

-

**:**
»  Act II: Scene: Lieber Conte (Nasoni, Carlotta, Erminio)
4.

-

**:**
»  Act II: Scene: Er kommt, er kommt (Nasoni, Marietta, Sora, Benozzo)
5.

-

**:**
»  Act II: Scene: Durch dieses Schlosses (Carlotta, Zenobia, Erminio, Nasoni, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act II: Scene: Ach meine Sora! (Benozzi, Sora)
7.

-

**:**
»  Act II: Duet: S'ist gar nicht schon (Sora, Benozzo)
8.

-

**:**
»  Act II: Scene: Stellen Sie sich vor (Carlotta)
9.

-

**:**
»  Act II: Duet: Dunkel breitet sich (Carlotta, Erminio)
10.

-

**:**
»  Act II: Finale: Herein, herein (Carlotta, Sora, Marietta, Zenobia, Benozzo, Sindulfo, Massaccio, Nasoni)
11.

-

**:**
»  Act III: Die Carabiniers marschieren (Leutnant, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act III: Scene: Das Standrecht (Benozzo, Sora)
13.

-

**:**
»  Act III: Waltz: Er soll dein Herr sein (Benozzo)
14.

-

**:**
»  Act III: Scene: Dieser Gasparone (Nasoni, Sindulfo)
15.

-

**:**
»  Act III: Scene: Um Gottes Willen (Nasoni, Erminio)
16.

-

**:**
»  Act III: Septet: Herr Podesta (Carlotta, Sora, Zenobia, Benozzo, Sindulfo, Massaccio, Erminio, Nasoni)
17.

-

**:**
»  Act III: Scene: Die Verhandlung ist geschlossen (Nasoni, Erminio)
18.

-

**:**
»  Act III: Closing: Gasparone scheint Besserung (Carlotta, Sora, Zenobia, Benozzo, Sindulfo, Massaccio, Erminio, Nasoni, Chorus)
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/07/01
1920年代のシチリアのパレルモで繰り広げられる物語。お金持ちの未亡人カルロッタに目をつけたナゾーニ市長、自らの息子を彼女に紹介します。もちろんカルロッタには財産目当てであることなどお見通し。そこに現れた一人の異邦人。彼は「私は大盗賊ガスパローネ」として追われていると告白します。そこでカルロッタの財産は、そのガスパローネが盗んだことにしてしまおうと計画。一文無しになってしまった(ことになった)カルロッタ。当然ナゾーニ市長は結婚を取りやめますが、実はその異邦人は身分の高い伯爵であり「ガスパローネ」などという盗賊は存在しませんでした。カルロッタと伯爵は見事にゴールインするというお話です。よくある「未亡人の財産を狙う吝嗇家」ですが、よくこなれた上に、魅惑的なメロディが頻出する楽しく美しい作品です。姿すらみたことのない盗賊を巡って、人々の思いが交錯し、結局悪巧みが明るみに出るというこのストーリーには当時の聴衆も興奮したことでしょう。この演奏には軽妙さと楽しさに溢れたいかにもウィーン風の雰囲気が備わっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。