ホーム > アルバム > 777829-2 パパンドプロ:ピアノ協奏曲第2番/シンフォニエッタ Op. 79/ピンタリキアーナ(トリンドル/イ・ソリスティ・ザグレブ/クルスティチ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777829-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ボリス・パパンドプロ Boris Papandopulo
アーティスト
イ・ソリスティ・ザグレブ Solisti di Zagreb, I , スレーテン・クルスティチ Sreten Krstic , オリヴァー・トリンドル Oliver Triendl

パパンドプロ:ピアノ協奏曲第2番/シンフォニエッタ Op. 79/ピンタリキアーナ(トリンドル/イ・ソリスティ・ザグレブ/クルスティチ)

PAPANDOPULO, B.: Piano Concerto No. 2 / Sinfonietta, Op. 79 / Pintarichiana (Triendl, I Solisti di Zagreb, Krstic)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777829-2

全トラック選択/解除

ボリス・パパンドプロ - Boris Papandopulo (1906-1991)

**:**
ピアノ協奏曲第2番

Piano Concerto No. 2

録音: 29 May - 1 June 2013, Small Hall of Vatroslav Lisinsky Concert Hall, Zagreb, Croatia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3706472
**:**
»  I. Prelude: Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Andantino con moto
2.

-

**:**
»  III. Allegretto vivace
3.

-

 
**:**
シンフォニエッタ Op. 79

Sinfonietta, Op. 79

録音: 29 May - 1 June 2013, Small Hall of Vatroslav Lisinsky Concert Hall, Zagreb, Croatia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3706645
**:**
»  I. Intrada: Festivo, Tempo di marcia
4.

-

**:**
»  II. Elegia: Andante sostenuto, sempre molto espressivo e dolorosamente
5.

-

**:**
»  III. Perpetuum mobile: Presto
6.

-

 
**:**
ピンタリキアーナ

Pintarichiana

録音: 29 May - 1 June 2013, Small Hall of Vatroslav Lisinsky Concert Hall, Zagreb, Croatia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3706646
**:**
»  I. Sonatina: Allegro con spirito
7.

-

**:**
»  II. Pastorella: Andante cantabile
8.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegretto
9.

-

**:**
»  IV. Dudas (Cornemuse): Allegro vivace
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/06/01
クロアチアの作曲家、指揮者ボリス・パパンドプロ(1906-1991)は、20世紀クロアチアの音楽界発展に非常に力を尽くした人です。450曲ほどの数多くの作品を残していますが、その作品のほとんどは現在忘れられています。彼の父はギリシアの血を引く貴族の家系の出で、彼の母マヤ・ストロッツィはクロアチアの有名なオペラ歌手。恵まれた環境で幼い彼は音楽的才能を存分に伸ばしたのです。キャリアの初期にはクロアチアの音楽協会が主催するアマチュア・オーケストラで指揮者として活躍し、合唱団の指導も行っていました。またザグレブのラジオ局の音楽監督も務めていました。第二次世界大戦後はサラエボやリエカでオペラを指揮するなど、幅広い活動をしています。彼の曲は新古典派風でありながら、その中にクロアチア民謡も取り入れたユニークなもので、この独自の個性は大変貴重なものです。ここで指揮をしているのは、ミュンヘン交響楽団で長らくコンサートマスターを勤めていたスレテン・クルスティク(ベオグラード生まれ)。この活気に満ちた音楽を理想的に演奏しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。