ホーム > アルバム > 777832-2 ホフマン:ミサ曲 AV 18/ミゼレーレ AV 42 (ルーベンス/マーティン/クーリー/ケルン西ドイツ放送合唱団&管弦楽団/フーバー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777832-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
E.T.A. Hoffmann
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
トーマス・クーリー Thomas Cooley , ケルン西ドイツ放送合唱団 Cologne West German Radio Chorus , ケルン西ドイツ放送交響楽団 Cologne West German Radio Symphony Orchestra , ヨルク・フェリックス・シュペール Yorck Felix Speer , ルペルト・フーバー Rupert Huber , ユッター・ベーネルト Jutta Bohnert , レベッカ・マーティン Rebecca Martin , シビラ・ルーベンス Sibylla Rubens

ホフマン:ミサ曲 AV 18/ミゼレーレ AV 42 (ルーベンス/マーティン/クーリー/ケルン西ドイツ放送合唱団&管弦楽団/フーバー)

HOFFMANN, E.T.A.: Mass, AV 18 / Miserere, AV 42 (Rubens, Martin, Cooley, Cologne West German Radio Chorus and Orchestra, R. Huber)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777832-2

全トラック選択/解除

E.T.A. Hoffmann (1776-1822)

**:**
ミサ曲 ニ短調 AV 18

Mass in D Minor, AV 18

録音: 18 June 2010, WDR Funkhaus Koln, Klaus-von-Bismarck-Saal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3455518
**:**
»  Overtura
1.

-

**:**
»  Kyrie
2.

-

**:**
»  Gloria
3.

-

**:**
»  Credo
4.

-

**:**
»  Sanctus
5.

-

**:**
»  Benedictus
6.

-

**:**
»  Agnus Dei
7.

-

 
**:**
ミゼレーレ 変ロ長調 AV 42

Miserere in B-Flat Minor, AV 42

録音: 18 June 2010, WDR Funkhaus Koln, Klaus-von-Bismarck-Saal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3459898
**:**
»  Miserere mei
8.

-

**:**
»  Ecce enim in iniquitatibus conceptus sum
9.

-

**:**
»  Ecce enim in veritatem dilexisti
10.

-

**:**
»  Asperges me hysopo
11.

-

**:**
»  Auditui meo dabis gaudium et laetitiam
12.

-

**:**
»  Averte faciem tuam a peccatis meis
13.

-

**:**
»  Redde mihi laetitiam salutaris tuae
14.

-

**:**
»  Docebo iniquos vias tuas
15.

-

**:**
»  Libera me de sanguinibus
16.

-

**:**
»  Sacrificium Deo spiritus contribulatus
17.

-

**:**
»  Benigne fac
18.

-

**:**
»  Ut aedificentur muri Jerusalem
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/12/01
神秘的なイメージばかりが先行するドイツの偉大な芸術家E.T.A.ホフマン(1776-1822)。彼は作家として多くの著作を残しましたが、作曲家としても80を超える作品を残し、この分野にも輝ける才能を有していたことがわかります。このミサ曲は1803年から1805年の間に書かれました。その頃の彼はちょうど友人を通じてしりあった女性を妻に迎え、音楽クラブを設立し、多くの詩作や作曲を行うなど活発な活動をしていたのです。闘争心を喚起させるニ短調が用いられたこの作品は、ロマンティックな一面と、古風な面を併せ持つ重厚なもので、モーツァルトを思わせるキリエの美しさはため息ものです。ミゼレーレは詩編に基いた合唱曲で、アレグリのものが有名ですが、E.T.A.ホフマンは悲しみや喜びなどの感情を全面に出した感動的な作品として表出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。