ホーム > アルバム > 777842-2 スッペ:オラトリオ「最後の審判」(グラーツ歌劇場合唱団/グラーツ・フィル/ダルシー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777842-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
フランツ・フォン・スッペ Franz von Suppé
作詞家
Otto Prechtler
アーティスト
シャミリア・カイザー Dshamilja Kaiser , グラーツ・フィルハーモニー管弦楽団 Graz Philharmonic Orchestra , グラーツ歌劇場合唱団 Graz Opera Chorus , マルガレータ・クロブカール Margareta Klobucar , アドリアーノ・マルティニョッリ・ダルシー Adriano Martinolli D'Arcy , ウィルフレート・ツェリンカ Wilfried Zelinka , タイラン・ラインハルト Taylan Reinhard

スッペ:オラトリオ「最後の審判」(グラーツ歌劇場合唱団/グラーツ・フィル/ダルシー)

SUPPE, F. von: Extremum Judicium (Graz Opera Chorus, Graz Philharmonic, D'Arcy)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777842-2

全トラック選択/解除

Disc 1

フランツ・フォン・スッペ - Franz von Suppé (1819-1895)

**:**
オラトリオ「最後の審判」

Extremum Judicium

録音: 5-8 September 2012, Oper Graz, Herz-Jesu Kirche, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3112708
**:**
»  Part I: Prelude
1.

-

**:**
»  Part I: Introitus and Kyrie (Soprano, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
2.

-

**:**
»  Part I: Magna dies prope est dies vindicate (Tenor)
3.

-

**:**
»  Part I: Dies Irae (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part I: Victa a superum vi, tacet porcella (Bass)
5.

-

**:**
»  Part I: Tuba mirum (Bass, Chorus)
6.

-

**:**
»  Part I: In pulverem nunc omnes prostrati (Soprano)
7.

-

**:**
»  Part I: Rex tremendae (Soprano, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
8.

-

**:**
»  Part I: Assurgit tandem Deus (Tenor)
9.

-

**:**
»  Part I: Recordare (Soprano, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
10.

-

**:**
»  Part I: Procul a Domini, sede, procul a coeli clarissima luce (Bass)
11.

-

**:**
»  Part I: Confutatis (Soprano, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
12.

-

**:**
»  Part I: Et angelus pacis apparet (Alto)
13.

-

**:**
»  Part I: Lacrymosa (Alto, Chorus)
14.

-

Disc 2

フランツ・フォン・スッペ - Franz von Suppé (1819-1895)

**:**
オラトリオ「最後の審判」

Extremum Judicium

録音: 5-8 September 2012, Oper Graz, Herz-Jesu Kirche, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3112708
**:**
»  Part II: Domine Jesu (Chorus)
1.

-

**:**
»  Part II: Et quia Deo gratum est (Bass)
2.

-

**:**
»  Part II: Hostias (Bass, Chorus)
3.

-

**:**
»  Part II: Clamemus: Sanctus, Santus, Sanctus est Deus Sabaoth! (Tenor)
4.

-

**:**
»  Part II: Sanctus (Chorus)
5.

-

**:**
»  Part II: Benedictus nuntius Dei (Alto)
6.

-

**:**
»  Part II: Benedictus (Soprano, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
7.

-

**:**
»  Part II: Preces et lacrymas fundite modo pro eis (Soprano)
8.

-

**:**
»  Part II: Agnus Dei - Lux aeterna (Soprano, Alto, Tenor, Bass, Chorus)
9.

-

**:**
»  Part II: Et jam preces ultima fiat (Bass)
10.

-

**:**
»  Part II: Libera me (Chorus)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/06/01
生涯に100以上の作品を作曲したにも拘らず、現在では「軽騎兵」序曲や「詩人と農夫」序曲、そして「ボッカチオ」のアリエッタ「恋はやさし野辺の花よ」などの数曲のみが知られる作曲家スッペ(1819-1895)。そのため、どうしても軽音楽の作曲家としてのイメージばかりが先行していますが、実は同世代のブルックナーを凌ぐ素晴らしい宗教曲も残していました。このレクイエム・オラトリオは、彼をウィーンへと招いたヨーゼフシュタット劇場の監督フランツ・ポコルニーの追悼(スッペは経歴の始めにこの劇場で指揮することで名を挙げた)のために1855年に作曲されたもので、あのブラームスも大絶賛するほど、当時人気となりました。劇的な前奏曲に導かれた作品は、ずっと行方不明になっていましたが、最近トリエステで発見され、今回、当時の輝きを取り戻したのです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。