ホーム > アルバム > 777870-2 モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」(アッレマーノ/ベルンシュタイナー/アルドリッチ/ソルヴァングアカデミア・モンティス・レガリス/デ・マルキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777870-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
作詞家
ピエトロ・メタスタージオ Pietro Metastasio
アーティスト
アカデミア・モンティス・レガリス管弦楽団 Academia Montis Regalis Orchestra , アカデミア・モンティス・レガリス合唱団 Academia Montis Regalis Choir , カルロ・アッレマーノ Carlo Allemano , ケイト・アルドリッチ Kate Aldrich , アン=ベス・ソルヴァング Ann-Beth Solvang , マルセル・バコニー Marcell Bakonyi , ニーナ・ベルンシュタイナー Nina Bernsteiner , ダナ・マールバッハ Dana Marbach , アレッサンドロ・デ・マルキ Alessandro De Marchi

モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」(アッレマーノ/ベルンシュタイナー/アルドリッチ/ソルヴァングアカデミア・モンティス・レガリス/デ・マルキ)

MOZART, W.A.: Clemenza di Tito (La) [Opera] (Allemano, Bernsteiner, Aldrich, Solvang, Academia Montis Regalis Choir and Orchestra, De Marchi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777870-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
歌劇「皇帝ティートの慈悲」 K. 621

La clemenza di Tito, K. 621

録音: 5, 7, 9 and 11 August 2014, Live Recording, Tiroler Landestheater Innsbruck, Innsbruck, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4999584
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Duet: Sesto Come ti piace imponi (Sesto, Virellia)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Recitative: Oh Dio! (Sesto, Vitellia)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Recitative: Amico, il passo affretta (Annio, Vitellia, Sesto)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Aria: Eppur forse con me (Vitellia, Sesto)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Recitative: Amico, ecco il momento (Annio, Sesto)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Duet: Deh, prendi un dolce amplesso (Sesto, Annio)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Marcia: Serbate, oh Dei custodi (Chorus)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Recitative: Te della patria il Padre (Publio, Annio, Tito)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Accompanied Recitative: Basta, basta, oh Quiriti (Tito)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Aria: Splende di Roma il fato (Tito, Chorus)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 4: March (reprise)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 4 (segue) - Recitative: Adesso, Sesto, parla per me (Annio, Sesto, Tito)
13.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Duet: Incolpar tu non dovrai (Sesto, Tito)
14.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Recitative: Eccola, oh Dei! (Annio, Servilia)
15.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Duet: Ah, perdona al primo affetto (Servilia, Annio)
16.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Recitative: Che mi rechi in quel foglio? (Tito, Publio)
17.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Recitative: Di Tito al piè (Servilia, Tito)
18.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Aria: Ah, se fosse intorno al trono (Tito)
19.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Al rimirar l'oppressa (Tito)
20.

-

**:**
»  Act I Scene 8: Recitative: Felice me (Servilia, Vitellia)
21.

-

**:**
»  Act I Scene 8: Aria: Parto, ma tu ben mio (Sesto)
22.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Recitative: Vedrai, Tito, vedrai (Vitellia, Publio, Annio)
23.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Trio: Vengo, aspettate... (Vitellia, Annio, Publio)
24.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Accompanied Recitative: O Dei, che smania e questa! (Sesto)
25.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Quintet: Deh, conservate o Dei (Sesto, Annio, Servilia, Publio, Vitellia, Chorus)
26.

-

Disc 2

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
歌劇「皇帝ティートの慈悲」 K. 621

La clemenza di Tito, K. 621

録音: 5, 7, 9 and 11 August 2014, Live Recording, Tiroler Landestheater Innsbruck, Innsbruck, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4999584
**:**
»  Act II Scene 1: Recitative: Sesto, come tu credi (Annio, Sesto)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Aria: Torna di Tito a lato (Annio)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Recitative: Partir deggio, o restar (Sesto, Vitellia)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Recitative: Sesto! (Publio, Sesto, Vitellia)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Trio: Se al volo mai ti senti (Sesto, Vitellia, Publio)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Ah, grazie si rendano (Chorus, Tito)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Recitative: Già de publici giuochi (Publio, Tito)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Aria: Tardi s'avvede d'un tradimento (Publio)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Recitative: No, così scellerato (Tito, Annio)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 8: Accompanied Recitative: Che orror, che tradimento (Tito)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 8: Aria: Non tradirmi in quest' istante (Tito, Chorus)
11.

-

**:**
»  Act II Scene 9: Recitative: Ma, Publio, ancora Sesto non viene (Tito, Publio)
12.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Trio: Quello di Tito è il volto (Sesto, Tito, Publio)
13.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Recitative: E pur mi fa pietà (Tito, Sesto)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Rondo: Deh, per questo istante solo (Sesto)
15.

-

**:**
»  Act II Scene 11: Recitative: Ove s'intese mai piu contumace (Tito)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 12: Recitative: Publio! (Tito, Publio)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 13: Recitative: Publio, ascolta (Vitellia, Publio)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 14: Recitative: Non giova lusingarsi (Vitellia, Servilia, Annio)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 14: Aria: S'altro che lacrime (Servilia)
20.

-

**:**
»  Act II Scene 15: Accompanied Recitative: Ecco il punto (Vitellia)
21.

-

**:**
»  Act II Scene 15: Rondo: Non più di fiori (Vitellia)
22.

-

**:**
»  Act II Scene 16: Che del ciel (Chorus)
23.

-

**:**
»  Act II Scene 16: Recitative: Pria che principio a' lieti (Tito, Annio, Servilia)
24.

-

**:**
»  Act II Scene 17: Recitative: Sesto, de tuoi delitti (Tutti)
25.

-

**:**
»  Act II Scene 17: Accompanied Recitative: Ma chè giorno è mai questo (Tito)
26.

-

**:**
»  Act II Scene 17: Sextet: Tu, è ver (All)
27.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/06/01
モーツァルト(1756-1791)の亡くなる年に作曲されたオペラ「皇帝ティートの慈悲」は、当時の神聖ローマ皇帝レオポルド2世が、プラハでボヘミア王として戴冠式を行う際の上演曲目として、ボヘミア政府から作曲が依頼されたものです。モーツァルトはこの曲を18日間で書き上げたと言われ(最近の研究ではもう少し時間をかけたとも)初演は予定通り戴冠式が行われた9月6日に行われましたが、あまり好評を得ることはできず、9月末まで上演は続けられたものの、モーツァルトの死後は次第に上演されることもなくなってしまいました。とは言え、当時ウィーンの宮廷歌劇場ディレクターであったヨーゼフ・ヴァイグルが、1804年に発表したこのヴァージョン(セストとティートのために2曲の新しいアリアを追加した)は、ウィーンをはじめとした周辺地域で絶大な人気を持ち、しばしば上演されるとともに、上演ごとに他の作曲家の曲も組み入れた新しいヴァージョンが加えられるなど、高い人気を誇っていたようです。今回のディ・マルキの演奏も様々な試みがなされています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。