ホーム > アルバム > 777893-2 モクラーニャッツ:弦楽四重奏曲 ニ短調/ヴァイオリン・ソナタ ト短調/古い歌と舞曲(クリスティアン/シナイスキー/トーマス・クリスティアン・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
777893-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヴァシリー・モクラーニャッツ Vasilije Mokranjac
アーティスト
トーマス・クリスティアン Thomas Christian , エフゲニー・シナイスキー Evgeny Sinayskiy , トーマス・クリスティアン・アンサンブル Thomas Christian Ensemble

モクラーニャッツ:弦楽四重奏曲 ニ短調/ヴァイオリン・ソナタ ト短調/古い歌と舞曲(クリスティアン/シナイスキー/トーマス・クリスティアン・アンサンブル)

MOKRANJAC, V.: String Quartet in D Minor / Violin Sonata in G Minor / Old Song and Dance (T. Christian, Sinayskiy, Thomas Christian Ensemble)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777893-2

全トラック選択/解除

ヴァシリー・モクラーニャッツ - Vasilije Mokranjac (1923-1984)

**:**
弦楽四重奏曲 ニ短調

String Quartet in D Minor

録音: 10–14 February 2014, Hans-Rosbaud-Studio Baden-Baden, SWR, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4646219
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Vivacissimo
2.

-

**:**
»  III. Andante sostenuto
3.

-

**:**
»  IV. Allegro assai
4.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ ト短調

Violin Sonata in G Minor

録音: 10–14 February 2014, Hans-Rosbaud-Studio Baden-Baden, SWR, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4651277
**:**
»  I. Adagio, grave
5.

-

**:**
»  II. Scherzo, presto
6.

-

**:**
»  III. Adagio
7.

-

**:**
»  IV. Allegro
8.

-

 
**:**
古い歌と舞曲
9.

Stara pesma i igra (Old Song and Dance)

録音: 10–14 February 2014, Hans-Rosbaud-Studio Baden-Baden, SWR, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4651278
 
**:**
舞曲 ホ短調
10.

Dance in E Minor

録音: 10–14 February 2014, Hans-Rosbaud-Studio Baden-Baden, SWR, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4651279
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2016/01/01
セルビアの民族音楽の収集と発展に努め、またセルビアの音楽家たちの演奏技術の向上に貢献したシュテファン・モクラーニャッツ(1856-1914)の係累であるヴァシリー・モクラーニャッツ(1923-1984)も、また最も重要なセルビアの作曲家の一人でした。彼の父ジョーヴァンは優れたチェリストで、ベオグラード弦楽四重奏団のメンバーであり、ヴァシリーもベオグラード音楽アカデミーで作曲を学び、1956年にはこの学校の作曲科の教授になっています。5曲の交響曲、3曲の序曲をはじめ、演奏会用の作品や、ピアノ曲、そして映画音楽、舞台音楽など様々な作品を手掛けています。弦楽四重奏曲ニ短調は1949年に書かれ、民俗音楽の素材を用いながら、少しロマンティックな雰囲気を持っています。ヴァイオリン作品はピアノ・パートも比重が高く、お互いの楽器同士が親密な歌を歌い上げるというものです。重苦しい雰囲気が時として緩やかに溶ける様子がたまりません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。