ホーム > アルバム > 777899-2 ファル:喜歌劇「パロリ」(クラッベ/ベーニヒ/デュルミュラー/ロイダー/ルーカス/西ドイツ放送合唱団&交響楽団/コーバー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777899-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
レオ・ファル Leo Fall
作詞家
レオ・ファル Leo Fall
アーティスト
アンケ・クラッベ Anke Krabbe , アクセル・コーバー Axel Kober , イェルク・デュルミュラー Jörg Dürmüller , 西ドイツ放送合唱団 West German Radio Chorus , 西ドイツ放送交響楽団 West German Radio Symphony Orchestra , アンドレア・ベーニヒ Andrea Bonig , ラルフ・ルーカス Ralf Lukas , マイケル・ロイダー Michael Roider

ファル:喜歌劇「パロリ」(クラッベ/ベーニヒ/デュルミュラー/ロイダー/ルーカス/西ドイツ放送合唱団&交響楽団/コーバー)

FALL, L.: Paroli [Operetta] (Krabbe, Bönig, Dürmüller, Roider, Lukas, West German Radio Chorus and Symphony, Kober)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777899-2

全トラック選択/解除

レオ・ファル - Leo Fall (1873-1925)

**:**
喜歌劇「パロリ」

Paroli

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4236377
**:**
»  Act I: Introduction
1.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Na hier ist ja allerhand los
2.

-

**:**
»  Act I: Lied der Denise
3.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: So ein Trottel
4.

-

**:**
»  Act I: Duet No. 1
5.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Das geht dann doch zu weit
6.

-

**:**
»  Act I: Lied des Jean
7.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Sie wird schon sehen
8.

-

**:**
»  Act I: Duet No. 2
9.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Damit hat Denise nicht gerechnet
10.

-

**:**
»  Act I: Trio
11.

-

**:**
»  Act I: Dialogue: Lasst mich hier raus
12.

-

**:**
»  Act I: Quartet and Chorus
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/05/01
オペレッタ黄金期を代表する作曲家の一人、レオ・ファルの知られざる喜歌劇「パロリ」です。この作品は、おともと「デニーゼ夫人」というタイトルが付されていました。18世紀後半のパリに近い都市に起こる恋愛物語で、少しだけ「フィガロ」を思わせるロココ調のストーリーは、オペラでもオペレッタでもない魅惑的な舞台です。この作品は初演後、たった10日で劇場のレパートリーから外されてしまいましたが、音楽出版社アレクサンダー・ヤーダースゾーンがこの作品を購入、それがきっかけでファルはアレクサンダーの息子でリストの高名な弟子、ザロモン・ヤーダースゾーンの娘ベルタと親しくなり、彼女と結婚。そして彼女のお気に入りだった「デニーゼ夫人」はファルの弟ジークフリートがピアノ版を作成し、新しいタイトル「パロリ」として1903年に出版されることとなります。そんな複雑な過程を経て生まれた作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。