ホーム > アルバム > 777902-2 R. シュトラウス:バレエ音楽「ヨゼフ伝説」(ヴァイマール・シュターツカペレ/ショーヨム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777902-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
アーティスト
ステファン・ソリヨム Stefan Solyom , ワイマール・シュターツカペレ Weimar Staatskapelle

R. シュトラウス:バレエ音楽「ヨゼフ伝説」(ヴァイマール・シュターツカペレ/ショーヨム)

STRAUSS, R.: Josephslegende [Ballet] (Weimar Staatskapelle, Solyom)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/777902-2

全トラック選択/解除

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
バレエ音楽「ヨゼフ伝説」 Op. 63, TrV 231

Josephslegende, Op. 63, TrV 231

録音: 3-4 June 2012, Live recording, CCN Weimarhalle, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3674321
**:**
»  Eine machtige Saulenhalle im Stile des Palladio
1.

-

**:**
»  Zug und Tanz der Frauen
2.

-

**:**
»  Tanz der Frauen: Ein Hochzeitstanz: Erste Tanzfigur
3.

-

**:**
»  Tanz der Frauen: Hochzeitstanz: Zweite Tanzfigur
4.

-

**:**
»  Tanz der Frauen: Hochzeitstanz: Dritte Tanzfigur
5.

-

**:**
»  Tanz der Sulamith
6.

-

**:**
»  Der Sheik winkt wiederum dem jungen Orientalen auf der Loggia zu: Oben erscheint ein Zug von Mannern
7.

-

**:**
»  Die Boxer beginnen eine Art Reigen - Kampf
8.

-

**:**
»  Der Sheik verbeugt sich nochmals
9.

-

**:**
»  Tanz des Joseph, Erste Tanzfigur: Die Unschuld des Hirtenknaben
10.

-

**:**
»  Tanz des Joseph, Zweite Tanzfigur: Die Sprunge
11.

-

**:**
»  Tanz des Joseph, Dritte Tanzfigur: Das Suchen und Ringen nach Gott
12.

-

**:**
»  Tanz des Joseph, Vierte Tanzfigur: Die Verherrlichung Gottes
13.

-

**:**
»  Potiphars Frau fahrt im Augenblick, wo die zwei Mulatten Joseph beruhren, wie im Traum zusammen
14.

-

**:**
»  Potiphar winkt zur Aufhebung der Tafel
15.

-

**:**
»  Der Abend bricht herein
16.

-

**:**
»  Josephs Traum
17.

-

**:**
»  Da tut sich die Tur auf und Potiphars Frau schleicht heran
18.

-

**:**
»  Nackt von der Schulter bis zur Hufte steht er vor ihr
19.

-

**:**
»  In diesem Augenblick kommen rasch und aufgeregt zwei Diener mit Fackeln
20.

-

**:**
»  Tanz der Sklavinnen: Erste Tanzfigur
21.

-

**:**
»  Tanz der Sklavinnen: Zweite Tanzfigur
22.

-

**:**
»  Potiphar erscheint mit Fackelträgern und Gewappneten
23.

-

**:**
»  Aus dem Palast kommen mehrere Henkersknechte
24.

-

**:**
»  Jetzt erscheint ein ganz in Gold gewappneter Erzengel
25.

-

**:**
»  Der Himmel erhellt sich morgendlich
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/05/01
20世紀初頭、ディアギレフ率いるロシア・バレエ団は多くの芸術家たちに影響を及ぼしました。ディアギレフが様々な作曲家たちに曲を委嘱したことは知られていますが、この「ヨーゼフ伝説」もそんな作品のひとつです(とは言え、最初は、ディアギレフのバレエを観たホフマンスタールが感銘を受け、「こんな作品はどうですか?」と売り込みをかけたことが発端だったのですが)。内容は聖書の「ヨゼフ物語」に基づくもので、ヨゼフが奴隷として働いていたポティファルの家で、その家の夫人が彼を誘惑するも、それを拒否するという物語。サロメにも似ていますが、もっと神秘的な佇まいを持っています。当初の計画ではニジンスキーがヨゼフを踊るという触れ込みでしたが、どうにも、ケスラー卿(ホフマンスタールの友人)による台本の出来がよくなく、シュトラウス(1864-1949)の音楽もいま一つ切れがないせいか、人気作になることはなく、最近まではほとんど演奏されることがありませんでした。しかし改めて聴いてみると、時には「サロメ」や「エレクトラ」のような激しく妖艶な響きが聴かれたり、後期の作品のような静謐さもあったりと、なかなか興味深い音楽に満たされていることに気が付くのではないでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。